次は「経理屋さん」で検索してね

転職エージェントは利用すべき?メリット・デメリットを利用者が解説!

転職エージェントのメリットデメリット アイキャッチ
  • URLをコピーしました!
  • 転職エージェントは利用した方がいいのかな?
  • 転職エージェントの悪い評判も聞くけど、実際どうなの?

こんな方のための記事です。

転職エージェントは、数多くのサポートが無料で受けられる半面、デメリットも存在します。

転職エージェントを知識ゼロの状態で使い

  • 「思ってたのと違う」
  • 「使わなければよかった」

となっては本末転倒。

事前にメリット・デメリットを知っておけば、内定獲得に役立つエージェントの活用法も見えてきますよ。

本記事では、利用者である私の意見も交えつつ、よりリアルな情報をお届けしていきます。

タップできる目次

転職エージェントを利用する5つのメリット

転職エージェントを利用するメリット5つ

転職エージェントは数多くのサービスが無料で利用できることで知られています。

転職エージェントのサービス内容については以下の記事をご覧ください。

そのサービスを受けることで得られるメリットを5つご紹介します。

  1. 希望に合った求人を見つけやすい
  2. 自分の強みが見つかる
  3. 忙しくても利用しやすい
  4. 選考対策で内定率UP
  5. 内定後でもしっかりサポートしてくれる

メリット①希望に合った求人を見つけやすい

転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーに相談できます。

相談することで得られるメリットは以下の3つ

  1. 客観的な意見がもらえる
  2. 強みや弱みを明確にしてくれる
  3. 企業の情報を教えてくれる

情報を整理することで、企業と自身の相性がわかり、ミスマッチが減らせます

さらに「非公開求人」が利用できるのも大きなポイント。

※非公開求人とは

転職サイトや企業のホームページに記載されていない求人のこと
転職エージェントからの紹介を受けはじめて応募ができます
企業が求める人材にマッチした場合のみ、紹介されるしくみです。

つまり「非公開求人を紹介された」=「企業が求める人材と自分の経歴やスキルがマッチしている」ということです。

あいおん

競争率が低く内定率が高いっていうメリットがあるね

このように、自分一人では見つからない求人に出会えるのが転職エージェントのメリットです。

メリット②自分の強みが見つかる

転職エージェントを利用すれば、今まで気づけなかった自分の強みが見つかります。

弱みを強みに変換してくれるなど、自信を持たせてくれるところがエージェントのメリットです。

アドバイスを最大限活かすために、自分のキャリアは偽らず、正直に伝えることが大切です。

あいおん

事前に「持ってるスキル」「今までのキャリア」の棚卸しをしておこう

メリット③忙しくても利用しやすい

「忙しいから転職エージェントなんて使ってられない」と思ってる方も多いです。

しかし、忙しいからこそ転職エージェントには利用価値があります

理由は以下の3つ

  1. 相性の良い求人を紹介してもらえる
  2. スケジュール管理を行ってくれる
  3. 企業への交渉を代行してくれる

そのため、ほかの対策に時間を割くことができ、効率的です。

エージェントのサービスを使いこなすことで、アドバイザーとのやりとりの大変さ以上の恩恵が受けられます。

あいおん

慣れるとさらに効率的になるよ

メリット④選考対策で内定率UP

転職エージェントを利用することで内定率はグッと上がります

その理由は以下のような選考対策が受けられるから。

  • 履歴書の作成、添削
  • 職務経歴書の作成、添削
  • 面接対策

これをプロ目線で指導してくれるのは転職エージェントの強みですよね。

とくにアドバイザーは企業の内部情報を持っています。

「この企業は○○を求めてるから、これはアピールした方がいいね」など、企業ごとに刺さるアドバイスがもらえるのは大きいです。

あいおん

選考対策のプロだけじゃなく、企業に合わせた対策が受けられるのはエージェントにしかないメリットだよね

ちなみに、応募書類と一緒に推薦状を送ってくれるエージェントもあるため、単純に選考の通過率も上がりますよ。

メリット⑤内定後でもしっかりサポートしてくれる

転職エージェントは、内定後のサポートもしてくれます。

  • 入社日や配属先、給与交渉
  • 退職手続きのサポート

など、内定後でも迷いなく転職へ繋げられます。

特に給与面の交渉は「伝えにくい」という方も多いはず。

それを代行してくれるのはありがたいですね。

さらに、エージェントによっては、入社以降も相談に乗ってくれるところがありますよ。

転職エージェントを利用する5つのデメリット

転職エージェントを利用するデメリット5つ

たくさんのサービスが無料で受けられる転職エージェントですが、利用前にデメリットについても知っておきましょう。

  • デメリット①自分のペースで転職活動を進めづらい
  • デメリット②希望求人に応募できない可能性がある
  • デメリット③担当者との相性によりサービスの質が変わる
  • デメリット④転職を急かされることがある
  • デメリット⑤地方での求人が不十分

デメリット①自分のペースで転職活動を進めづらい

転職エージェントを介すと、応募までに時間がかかりがちです。

逆に、応募をせかされるなど、自分のペースに合わない場合もしばしば。

自分のペースで進めていきたい人には転職エージェントが足かせとなってしまうこともあります。

それを防ぐために「転職エージェントを利用してやる」くらいの気持ちで行動することがおすすめです。

あいおん

短期的に見たら時間がかかると思われがちだけど、サポート内容などを考慮して”長期的”に見たら転職エージェントはかなり効率が良いよ。

デメリット②希望求人に応募できない可能性がある

転職エージェントに登録したからと言って、必ずしも希望求人に応募できるとは限りません。

理由は、応募条件に満たさない求人をエージェントは紹介しないから。

仮に「この企業に応募したい」とお願いしても、経歴やスキルが足りない場合、断られてしまいます

逆に「どのみち落ちる選考に応募して、無駄な時間を作らなくて済む」とも考えられますが、体感的に「なかなか応募できる求人がない」と感じる方もいるでしょう。

また、エージェントにより保有している求人にも偏りがあるため、自身に合ったエージェントを選んでいく必要があります。

あいおん

40代が若手特化エージェントに登録しても意味ないからね

デメリット③担当者との相性によりサービスの質が変わる

エージェントのサービスの質に満足できるかは、担当者のスキル次第です。

人材業界は離職率も高いため、入社間もない新人が担当になる可能性も十分にあります。

また、経験豊富なエージェントでも、性格の悪い人は一定数います(高圧的、信用にかける、など)

もし担当者との相性が合わない場合は

  1. 担当者の変更を申し出る
  2. 複数の転職エージェントを利用する

などの対策を取っておきましょう。

あなたの転職人生を決めるのは、良くも悪くもエージェント次第です。

デメリット④転職を急かされることがある

アドバイザーの中には

  • 「なるべく沢山応募してください」
  • 「頂いた内定承諾してください」

と、せかしてくる方もいます。

それは、転職を成功させることで報酬や評価につながるから。

親身に相談にのってくれる方がいる一方、自分の利益を求めて強引な態度を取る方が一定数いることは覚えておきましょう。

あまりにも転職エージェントが不快!と思った方は、以下の記事をご覧ください。

私が経験した対処法を全て解説しています。

デメリット⑤地方での求人が不十分

転職エージェントの対応可能エリアが都市部に集中しているため、地方での求人が不十分に感じることもあります。

地方での転職を考えている方は以下4点を意識してください。

  1. 都市部の転職も視野に入れる
  2. 求人数の多い大手エージェントを利用してみる
  3. 複数のエージェントを利用して幅を広げる
  4. ハローワークなどの求人も見てみる
あいおん

逆にハローワークは地方の求人が豊富な印象があるよ

転職エージェントの対応地域などをチェックしておくことが大切です。

エージェントにより、メリット・デメリットは異なる

転職エージェントの種類

実は転職エージェントは、規模によってもメリット・デメリットが異なります。

実際に利用して「なんか思ってたエージェントと違う」とならないために、ざっくりとタイプを把握しておきましょう。

①大手総合型
メリット
・全業種の求人を保有している
・サービス内容が豊富
デメリット
・全ての求人を網羅的に把握してない場合が多く、求人の情報がうすくなりがち
②業界・職種特化型
メリット
・業界や職種の細かい知識をもっており、専門的な目線でアドバイスをもらえる
・大手も持っていない求人をピンポイントで保有している
デメリット
・保有求人の網羅性は、大手に比べると少ない
年代・属性特化型
メリット
・年代や属性に合った求人を多く保有している
・企業との人脈も多く、内定率を上げてもらいやすい
デメリット
・求人数が少なく、希望している求人が見つからない可能性がある

それぞれの特性を活かしつつ、あなたに合ったエージェントを選んでみてください。

基本的に、複数登録してそれぞれのメリット、デメリットをカバーしあうのがセオリーですよ。

①大手総合型

大手総合型は幅広い求人をもっており、たくさんの選択肢の中から、希望に近い求人を探せるのが強みです。

特にCMでおなじみのリクルートエージェントdodaなどは、日本の全業種の求人を保有しており人気があります。

一方で保有求人が多い分、特化型エージェントに比べると情報がうすく、専門性に欠ける場合があります。

ただ、基本的な情報はしっかり持っているため

  • 自分に合った業界や職種を見つけていきたい
  • 業界を絞らず幅広く求人に応募していきたい

という方には、大手総合型エージェントとの相性は抜群です。

あいおん

迷ったら大手総合型を使えば間違いないね

②業界・職種特化型

業界・職種に特化したエージェントは、専門的な知識をもとにアドバイスを貰えるのが強みです。

例えば、経理職に強いエージェントとして、MS-Japanなどが有名です。

一方で、全業種に対応していない分「特に希望職種がない」といった方にはおすすめできません。

逆に方向性が決まっている方は、利用価値のあるエージェントです。

あいおん

僕が経理転職で一番役立ったのが業界・職種特化型エージェント(MS-Japan)だったよ

③年代・属性特化型

年代・属性に特化しているエージェントは、求人の範囲をキュッと狭めているのが特徴です。

例えば

  1. 20代に強い ➤ 第二新卒エージェントneo
  2. 30代に強い ➤ JACリクルートメント
  3. 女性に強い ➤ パソナキャリア

などがあげられます。

「20代特化なら20代に強い求人しかない」ため、自身に合った求人が見つけやすくなっています

あいおん

僕の経験上、年代・属性特化型エージェントは親身に相談に乗ってもらえたよ

転職エージェントを利用したほうが良い人の特徴

転職エージェントを利用すべき人の特徴

転職エージェントを利用した方が良い人の特徴は以下の4つ

  1. 初めて転職をする人
  2. 仕事が忙しく、転職に時間がかけられない人
  3. 選考の通過率を上げたい人
  4. 転職の軸や就業条件が決まっている人

一つでも当てはまる方は、エージェントの利用価値が十分にあります。

①初めて転職をする人

  • 「転職って何から始めたらいいの?」
  • 「応募書類の書き方がわからない!」

という方こそ、転職までの筋道を立ててくれる転職エージェントが最適です。

「応募書類の添削」「面接対策」「転職相談」は、転職未経験者をおおきくサポートしてくれます。

初めてのことが多すぎて、一人ですべてをこなすのは大変だからこそ、プロに頼るのがおすすめです。

あいおん

僕がはじめて利用したdodaでは、面談後に超長文のメールが届いて徹底的なサポートが受けられたよ。初めての転職だからこそ利用価値があるって感じたね

②仕事が忙しく、転職に時間がかけられない人

仕事を続けながら転職活動を進めるのは、時間的な余裕もなくハードルは高めです。

そんな時間を確保するためにも転職エージェントを利用しましょう。

あいおん

時間ないしエージェント使ってる暇なんてない って人もいるけど、それは逆だよ

基本的にエージェントが「応募手続き」「面接の日程調整」を行ってくれるため、時間に余裕が生まれます。

また「企業と連絡できる日中は仕事が…」という方も安心してください。

仕事後の夜にエージェントと連絡を取れば、代わりに企業とやりとりをしてくれて、効率的に転職活動が進められますよ。

③選考の通過率を上げたい人

言わずもがな、選考の通過率を上げたければ転職エージェントの利用は間違いありません。

サポート内容である

  • 転職相談
  • 非公開求人
  • 応募書類の添削
  • 面接対策

が、あなたの転職力を高めてくれます。

また、アドバイザーも上手に企業へ交渉してくれるため、直接的に内定率アップの恩恵がうけられます。

あいおん

僕はアドバイザーからの思わぬ提案で、転職の可能性を大きく広げられたよ

④転職の軸や就業条件が決まっている人

もともと転職の軸や就業条件が決まっている人も、エージェントを利用することで更にスムーズな転職活動が進められます。

希望条件が明確であるほど、エージェントも非公開求人などを紹介しやすくなります

また「給与や休みの希望はあるけど言いづらい」という人でも、転職エージェントが代行してくれるため、交渉成功率もグッとあがりおすすめです。

転職エージェントを利用しないほうが良い人の特徴

転職エージェントを利用すべきでない人の特徴

逆に転職エージェントが向かない人の特徴は以下の2つ

  1. 自分のペースで転職活動を進めたい人
  2. とりあえず求人だけ色々見てみたい人

このような方は、転職サイトやハローワークなどの利用がおすすめです。

あいおん

これに当てはまってるけど「メリットの方が大きい!」と感じるなら、エージェントの利用価値は十分にあるよ~

①自分のペースで転職活動を進めたい人

転職エージェントに登録することで、いい意味でも悪い意味でも「頑張って転職活動しなきゃ」と焦ってしまうこともあります。

さらに、アドバイザーによっては応募や内定をせかしてくる方も一定数います。

それを踏まえると、「自分のペースで時間をかけて転職したい!」という人にはおすすめしません。

あいおん

ある程度はペースも調整できるけど、限度があるからね

②とりあえず求人だけ色々見てみたい人

  • 「とりあえず転職市場を把握しておきたい」
  • 「どんな企業などんな条件で求人を出しているのか知りたい」

といった方は、ひとまず転職エージェントは利用しなくても問題ありません

そういった方は、リクナビNEXTのような転職サイトが最適です。

転職サイトについては以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

転職エージェントには数多くのサービスがあり、多くのメリットが存在します。

さらにはメリットだけでなく、デメリットを知っておくことで効率的な利用が可能です。

転職エージェントにより、メリットデメリットも異なるため、それぞれの特性を知っておくことも大切です。

基本的には

  • 転職初心者
  • 転職に慣れている人
  • 転職成功率を上げたい方

つまり「転職をしたい方」に転職エージェントはおすすめです。

しかし、マイペースにまずは求人から見てみたい

という方は、転職サイトなどを活用しつつ進めていくのがおすすめです。

転職エージェントが良い!悪い!だけでなく、
「どのように使うか」
「使わない場合はどのように代用するか」
そこまで考えるのと、転職の成功へつながりますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

転職エージェントのメリットデメリット アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次