次は「経理屋さん」で検索してね

簿記3級は就職・転職に有利?活かせる方法を経理部員が教えます

簿記3級は就職に有利?
  • URLをコピーしました!
  • 簿記3級は就職、転職に有利?
  • 簿記3級が活かせる仕事は?
  • 簿記3級を活かすコツがあれば教えて!

簿記3級を学んでいる方が「簿記3級は就職に意味ない」という言葉を聞き、あきらめてしまうケースは多いです。

私も最初は簿記3級取得後に活かし方が分からず、ショックを受けた経験があります。

しかし今は、簿記を活用し現役経理部員として働いています

本記事では、簿記3級を無意味な資格にしないよう「簿記3級が活かせる仕事」「簿記3級の活かし方」についてにまとめていきます。

この記事を読めば、簿記3級を最大限活用する方法が分かりますよ。

この記事を書いている人
  • 簿記3級2級に90点以上で合格
  • 簿記を活かし、未経験の経理転職に成功
  • 現役経理部員として活躍中
タップできる目次

簿記3級は就職に有利なのか?

簿記3級が就職に有利な理由

実際のところ簿記3級は就職に有利なのか?

結論から言うと、簿記3級は就職に有利とは言い切れません

理由は、経理実務に必要な知識として「簿記2級以上」が多く求められるから。

あいおん

3級の知識だと実務に活かすのはやや厳しいってことだよ

しかし、簿記3級でも就職に活かすことは十分に可能です。

そこで、私の体験談や実際のデータを踏まえたうえで、3つの理由をそれぞれ解説していきます。

  1. 「簿記3級以上」で募集している求人もある
  2. 簿記3級合格者が、未経験で経理転職している
  3. やる気のアピールにつながる

①「簿記3級以上」で募集している求人がある

まずは「簿記3級」を条件としている求人があるのかを、実際に検索してみました。

Indeed検索結果

画像の通り、8400件以上の企業が簿記3級保持者を必要としていることがわかります。

つまり、簿記3級を取得しているだけで、求人に応募することは可能です。

簿記3級を持っており、転職を考えている方は一度自分に合った求人があるか調べてみてください。

②簿記3級合格者が未経験で経理転職している

次に実体験について触れていきます。

あいおん

僕は3級合格後に応募したら、書類選考に通ったよ

書類が通るということは、応募者の資格や職歴に関しては合格しているわけです。

また、私の友人も簿記3級を取得後、未経験で経理転職に成功しています。

その他にも成功している事例はいくつもあるので、簿記3級が無駄という訳では決してありません。

特に若いうちは未経験であっても資格の効果は絶大

簿記3級を持っている方はすぐ行動に移しましょう。

③やる気のアピールに繋がる

簿記3級は「やる気のアピール」に繋がります。

採用担当者である会社の上司に質問してきました。

あいおん

簿記3級は、求人を応募する上で必要ですか?

上司様

あった方がいいと思うよ。未経験の応募もちらほらあるけど、簿記を勉強してるだけで、やる気を計ることもできるからね。
口で言うよりもよっぽど信頼できるよ。

たしかに、実際口で「やる気があります!」なんて誰でも言えます。

やる気があるので知識を付けて勉強してきました!」という方が遥かに魅力的。

また、経理職の適正に関しては、簿記を勉強してみないと分からない部分も多いです。

経理になってから「簿記が合わなかった」となっては本末転倒。

事前に相性を確かめるためにも、簿記3級は有効です。

簿記3級が活かせる仕事5つ

簿記3級が活かせる仕事5つ

それでは、簿記3級が活かせる仕事を5選紹介していきます。

  1. 経理事務
  2. 会計・税理士事務
  3. 販売職
  4. 営業職
  5. ITエンジニア

①経理事務

簿記=経理 といった方程式が成り立つほど、すべての会社の経理では簿記の知識が必要とされています。

経理の業務内容

  • 帳簿を付ける
  • 日々のお金の動きを簿記のルールに沿って仕訳する

逆に簿記を持っていないと、経理を理解するのは非常に困難。

新卒でもない限り経理にとって、簿記は必須スキルになると思っておきましょう。

②会計・税理士事務所

会計・税理士事務所は、公認会計士や税理士ばかりではありません。

事務処理や雑務、税理士補助などでは、簿記3級2級でも対応できるため重宝されます。

あいおん

ぼくが実習でお邪魔した税理士事務所は、7割くらいが補助業務を行っていたよ。

中には将来、公認会計士、税理士を目指すため、修行として事務所に入所する方も多くいます。

求人の募集要項に「税理士を目指している方」と記載がある事務所も多くありました。

簿記の勉強が楽しいと思った方は、簿記のスキルを活かしつつ、上の道へステップアップしていくのも良いでしょう。

③販売職

販売職では、マーケティングや集客力も重要ですが、資金管理能力があれば大事な部分を見失わずに経営が可能。

店長や店舗管理を目指す方ためのキャリアアップには簿記3級は非常に有効です。

④営業職

営業職も、営業前に取引先の経営状況を把握するだけで、大きな差が出ます。

簿記3級が活かせると

  • 信頼できる企業か見定められる
  • 未払いのまま倒産されるリスクを減らす
  • 説得力のある交渉がかけられる
  • 「明確な数字が欲しい」という企業に有効

など、社内や営業先から評価されます

あいおん

一見関係なさそうな営業職も、簿記は活かせるんだよ

⑤ITエンジニア

ITエンジニアは、会計システム等のプログラムを組む機会も多くあります。

そこに簿記の知識があると、設計段階での提案や交渉をスムーズに行うことができます。


あいおん

エンジニアは営業をする場合もあるため「④営業職」のメリットも活用できるよ。

簿記3級を就職に活かす方法

簿記3級を就職・転職で活かす方法

簿記3級を持っている方は、就職に活かせるチャンスと思って大丈夫。

やり方次第で、就職や転職を有利に運ぶことができますよ。

その方法を4つ紹介しますね。

  1. 簿記2級を取得する
  2. 簿記2級が勉強中であることを伝える
  3. 他のスキルと組み合わせる
  4. 部署異動を考える

①簿記2級を取得する

簿記3級を持っている方は、2級を目指すのも一つの手です。

簿記2級を取得することで

  • 経理事務
  • 税理士事務所

の求人数が何倍にも跳ね上がります。

また簿記2級は「企業が応募者に求める資格ランキングトップテン(㈱リクルートキャリア)」にて第1位を獲得しているほど人気の資格です。

国家資格と同等の役割を果たしてくれる簿記2級は、難易度や勉強時間から考えてもコスパ最強

合格率は15~30%と低めではありますが、きちんと勉強すれば必ず取れる資格です。

簿記3級を持っていれば、スタートラインには立っています。

ゼロから学ぶ場合に比べ、スムーズに合格が目指せますよ。

取得した3級の知識を活かしつつ、2級取得を目指してみてください。

2級の取得を目指したい方へ→【新常識】簿記のおすすめ勉強法!3級2級に90点以上で合格できた方法

②簿記2級が勉強中であることを伝える

「簿記2級も取りたいけど、今の就活にどうにか活かせないかな..」

といった方は採用担当に「簿記2級は勉強中です」と伝えてみましょう。

会社によっては「簿記2級の資格を必要」としているのではなく「簿記2級程度の知識を必要」としているケースが多くあります。

また「3級取得後も意欲的に学習しているな」と、アピールにもつながります。

面接はもちろん、履歴書にも記載可能です。

書き方は⇩

免許・資格
20223日本商工会議所簿記検定3級 合格
20226日本商工会議所簿記検定2級 合格に向けて勉強中
履歴書の書き方

これは就活ルールとして認められているので、安心してアピールしてOKですよ。

正直このアピールはかなり刺さるのでおすすめです。

自分の持っている知識や意欲は漏らすことなく伝えていきましょう。

③他のスキルと組み合わせる

簿記3級は多くの人が取得している。

なら、簿記3級×〇〇 というように、プラスアルファで活かせるスキルを示していきましょう。

〇〇は、資格や前職の経験など何でも構いません。

  • 簿記3級×ITスキル
  • 簿記3級×TOEIC(英語)
  • 簿記3級×PCスキル

など、応募先の企業と自分のスキルを照らし合わせながらアピールすることがおすすめ。

一つスキルをかけ合わせるだけで、貴重な人材となることは間違いありません。

あいおん

ぼくは簿記×ITスキルをアピールし、採用されたよ。

持ってるスキルも、アピール次第では大きく化けます。

積極的に活用していきましょう。

④部署異動を考える

経理の仕事がしたい場合、必ずしも「転職」する必要はありません。

他業種で活躍している方は、部署異動を検討するのもアリです。

メリットとして

  • 会社の知識がある
  • 今の職種の能力を持っている
  • 大きく環境が変わらない

などがあげられます。

あいおん

いろんな部署を経験している人は、幅広く業務がこなせるよ

しかし「経理部に異動したいです!」だけでは、中々受け入れてもらえません。

そこで活用できるのが簿記3級。

取得しているだけで「会計の知識もあるし、やる気もありそうだな」と、認めてもらう可能性が高いです。

「今の職場は好きだけど、経理職に就きたい」という方は、部署異動も視野に入れてみてください。

まとめ:簿記3級は使い方次第で就活に大きく活かせる

というわけで、今回は

  • 簿記3級があれば就職、転職に有利になるのか
  • 簿記3級が活かせる仕事は何か
  • 簿記3級を活かすコツはなにか

について解説してきました。

簿記3級は経理や税理士事務所だけではなく、様々な業種に有効です。

また、活かし方次第で大きな役割を果たしてくれる資格です。

次なるステップのスタートラインに立つこともできるため、簿記3級を持っている方は自信を持っていただいて大丈夫。

余裕があれば、簿記2級などを目指し、就活に強い人材になってください。

持ってるスキルをどう活かすか、どう伸ばしていくかはあなたの行動で決まります。

最後まで読んでくれてありがとうございました!

簿記について詳しく知ろうと思った方

簿記3級は就職に有利?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次