次は「簿記屋さん」で検索してね

簿記の統一試験とは?廃止されるの?90点合格者が注意点を解説!

簿記の統一試験 アイキャッチ

簿記の統一試験って何?

紙なのか統一なのかネットなのかよくわからない!

結局どれを受ければいいの?

結論から言うと、簿記の試験には

  1. 統一試験(紙で解答する試験)
  2. ネット試験(パソコンで解答する試験)

2つしかありません。

本記事ではそんな統一試験について、ネット試験と比較しながら解説していきます。

ちなみに私は「統一試験で失敗している方」を多く見てきました。

せっかく学習した簿記の知識を無駄にしないためにも、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

あいおん

最近話題の「統一試験廃止問題」についても触れていくよ。

この記事を書いている人
  • 簿記3級に94点で合格
  • 簿記2級に90点で合格
  • 多くの相談者が簿記に合格
  • 経理部員として簿記を活用中
合格者からのメッセージをみる

Twitter(@aion1224up)にて数多くの合格報告をいただいています。

みなさんいつもありがとうございます。

簿記の合格報告など、頂いたお礼のメッセージ一覧
合格者からのメッセージ
簿記の合格証書を見る

簿記3級2級の合格証書です。

日商簿記3級2級の合格証書
私の過去の悲惨な経歴を見る
  • 大学偏差値40台
  • 勉強が大の苦手
  • 簿記に何度も挫折しかける

そんな私でも、簿記3級2級に合格しています。

大事なのは過去ではなく「これからどんな行動をしていくか」だと思っています。

今苦労している方も、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

簿記3級」「簿記2級」に関しては、以下記事で詳しく解説しています。

  • 試験の詳細
  • 受講するメリット
  • 確実に合格する勉強法

などを解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

あいおん

多くの方が高得点合格している勉強法だよ

タップできる目次

簿記の統一試験ってなに?

質問カードを出している人

簿記の統一試験とは、紙で解く試験のことです。

よく

  • 統一試験
  • 紙試験
  • ペーパー試験

と表現されますが、呼び方が違うだけで全部一緒。

試験会場に行き、受験生が一斉に紙に試験を解いていく。

よく試験でありがちな試験方式です。

簿記の試験方式は「統一試験」と「ネット試験」の2種類

統一試験の他に2020年12月より導入された、ネット試験という試験方式もあります。

つまりいま受験できる簿記試験の方式は以下の2つだけ。

  1. 統一試験(紙で解答する試験)
  2. ネット試験(パソコンで解答する試験)

この違いを表でまとめてみました。

統一試験ネット試験
試験日2月、6月、11月いつでも
試験時間3級:60分
2級:90分
1級:180分
3級:60分
2級:90分
試験会場商工会議所 or 指定会場テストセンター
試験方式紙で解答パソコンで解答
試験問題受験者全員が同じ受験者ごとに異なる
受講料3級:2,850円
2級:4,720円
1級:7,850円
3級:2,850円
2級:4,720円
(別途事務手数料として550円必要)
合格発表2~3週間後に郵送でわかる試験終了後、その場でわかる
筆記用具持込可持込禁止
テストセンターに用意されている

簡単にまとめると

  • 紙かパソコンか
  • いつでも受けれるか受けられないか

が大きな違いですね。

ちなみに簿記1級に関しては、統一試験でしか受けられません(試験時間が長く、一度休憩を挟むから)

統一試験の日程(2023年~)

統一試験は6月・11月・2月の年3回開催されます。

主な日程は以下の通り(2023年現在)

  • 第164回:2023年6月11日(日)
  • 第165回:2023年11月19日(日)
  • 第166回:2024年2月25日(日)(2・3級のみ)

詳しくは「商工会議所 2023年度簿記試験日程カレンダー」をご覧ください。

統一試験の試験時間

簿記の試験時間は2021年度より大きく変更されました。

2023年現在の試験時間は以下の通り。

  • 3級→60分(午前9時~/午後11時~)
  • 2級→90分(午後1時半~/午後4時~)
  • 1級→180分(午前9時~休憩あり)

商工会議所によっては、1日1回のみ実施される場合もあります。

統一試験の受講料

簿記の統一試験の受講料は以下の通り

  • 3級→2,850円(税込み)
  • 2級→4,720円(税込み)
  • 1級→7,850円(税込み)

ネット試験も受講料は同じです。

統一試験の申込み方法

簿記統一試験の申込み方法は、各商工会議所によって異なります。

商工会議所ページから、受験したい地域を探し、その地域の商工会議所の流れに従って進めてください。

申込み方法は以下のように

  1. インターネット申込
  2. 窓口申込

それぞれ選択できます。

簿記の統一試験の申し込みページ

統一試験の持ち物

統一試験の持ち物は以下の通り。

  1. 受験票
  2. 身分証明書
  3. 筆記用具(鉛筆、シャーペン、消しゴムなど)
  4. 電卓
  5. 学習テキスト

なるべく前日までに準備は済ませておきましょう。

⇧目次へ戻る

簿記統一試験のメリット

簿記の統一試験のメリット

簿記統一試験を受けるメリットをネット試験と比較しつつ解説していきます。

問題用紙に書き込みできる

統一試験は紙で解くので、問題用紙に書き込みできます。

逆にネット試験だと、メモ用紙にしか書き込めないので、若干慣れが必要です。

その分統一試験は、問題に印やメモがつけられるので、ミスする可能性も大幅に削減できます。

正直コレが統一試験一番のメリットと言っていいです。

馴染んだ試験方式で受けられる

統一試験は、試験会場で受験者が一斉に紙に解答するという方式です。

これは

  • 学校のテスト
  • 受験

などと全く同じなので、試験本番でもなんとなく流れがわかるはず。

パソコンで解答するネット試験に慣れてない方が多い分、馴染んた試験方式で受けられる統一試験は意外と多くの方に好まれます。

一緒に受験する仲間と盛り上がれる

統一試験は年に3回の大勝負。

なので

  • 試験前→みんなと熱を高める、応援される
  • 試験後→〇〇が難しかった!と共感できる
  • 合格発表時→喜び(悲しみ)を分かち合える

と、試験前後では一緒に受験する仲間と盛り上がれるといったメリットもあります。

ネット試験は一人で受験するので心細い分、みんなで受験できる統一試験はより気合が入りますよね。

あいおん

簿記は「上位○%が合格!」じゃなくて「70点以上で合格!」だから、ライバルじゃない。みんなで心から高めあえるのはよいことだよね

⇧目次へ戻る

簿記統一試験のデメリット

簿記の統一試験のデメリット

次は統一試験のデメリットについて、ネット試験と比較しつつ解説していきます。

ネット試験に比べると難しい

統一試験はネット試験に比べると難しいです。

比較すると以下のとおり

統一試験・問題に捻りがある
・「はずれ回」が存在する(運要素が高い)
ネット試験9割以上が問題集レベル

ネット試験は問題集レベルなので、実力が点数に反映されやすいです。

一方統一試験は、勉強したことのない問題が出る場合があり、非常に運要素が強くなっています。

実際に数値で見てもらうと更にわかりやすいです。

統一試験

受験者数合格者数合格率
163(2023.2.26)12,033名2,983名24.8%
162(2022.11.20)15,570名3,257名20.9%
161(2022.6.12)13,118名3,524名26.9%
160(2022.2.27)17,448名3,057名17.5%
159(2021.11.21)22,626名6,932名30.6%
158(2021.6.13)22,711名5,440名24.0%
参考:日本商工会議所 簿記2級受験者データ(統一試験)

ネット試験

期間受験者数合格者数合格率
2022年4月~2023年3月105,289名39,076名37.1%
2021年4月~2022年3月106,833名40,713名38.1%
2020年12月~2021年3月29,043名13,525名46.6%
参考:日本商工会議所 簿記2級受験者データ(ネット試験)
  1. 統一試験→平均合格率24.1%
  2. ネット試験→平均合格率40.6%

お試しで受験しに来る方が多いネット試験の方が約2倍も合格率が高いです。

実際コレが現実です。。

年3回受験だから融通がきかない

簿記3回は年に3回しか受験できないため

  • 勉強開始しようと思ったのに試験日2週間後だ、、
  • 次の試験まで長過ぎて気が抜ける
  • 落ちたときのことを考えると緊張感がハンパない

など、自分のスケジュールだけでなくパフォーマンスにも影響が出てしまいます。

逆にネット試験だと、いつでも受験できるので

  • 学習進度に合わせて受けられる
  • 落ちてもすぐ再受験できる

と、融通がききます。

意外と統一試験、、やりづらいです。。

あいおん

ネット試験が出てきたからこそ感じることだね

合否がわかるのが遅い

統一試験の合否は、試験から2~3週間後にわかるので

  • 受かってるのかな…
  • 落ちてたら再勉強しないといけないけど分からない…

と、モヤモヤした状態が続きます。

意外と普通?と思われがちですが、ネット試験はその場で合否がわかるため、その差は大きいです。

次のステップに進む上でも、合否がすぐに分かるネット試験のほうがオススメになってしまいます。

⇧目次へ戻る

統一試験で確実に合格する方法

統一試験で確実に合格するには「今だからこそできる勉強法」に頼るのが一番です。

まずはテキストを読んで…

というのは古いやり方。

これで挫折する人をたくさん見てきました。

結論:簿記の最適な勉強法は「YouTube×通信講座」です。

この方法で、私は3級2級に90点以上で合格できました。

ネット上でも同じ手法で高得点合格を叩き出している方は多いです。

スクロールできます
簿記3級97点!

簿記3級」「簿記2級」に関する詳しい勉強法は、以下記事でしっかり解説しています。

  • これから簿記学習を始めたい
  • すでに勉強してるけど苦戦している

こんな方はぜひ合わせてご覧ください。

現代にピッタリ&多くの方が高得点合格を勝ち取っている勉強法です。

2023年4月より一部統一試験が廃止される

悩む人

2023年4月より東京商工会議所のみ、簿記の統一試験が廃止されると発表がありました。

東京商工会議所では、2023年4月より「日商簿記検定試験」の2・3級について、統一試験(紙試験)での実施を行わないことから、ネット試験、近隣商工会議所へのお申込みをお願いいたします。

引用:東京商工会議所 簿記試験についてのお知らせ

ちなみに「簿記の統一試験完全廃止」と勘違いしている方を見かけますが、それは違います。

統一試験が受けられなくなるのは、東京商工会議所(東京23区付近の試験会場)でのお話です。

とはいえこの統一試験。いずれどの地域でも受けられなくなることが予想されます。

  • コスト
  • 手間

などを考えても、今後どんどんネット試験に移行していくでしょう。

もし統一試験の受講を考えてる方がいたら、今のうちに受験しておくことをおすすめします。

⇧目次へ戻る

統一試験を受験予定の方は、ネット試験も視野に入れよう

OKサイン出す人

統一試験を受けようと考えている方は、ぜひネット試験も視野に入れてみてください。

ネット試験は

  • 問題が比較的簡単
  • いつでも受験できる
  • すぐに合否がわかる

など、受験者に嬉しいメリットがたくさんあります。

パソコンでの解答に最初は戸惑うかもしれませんが、模擬試験で対策していけば大丈夫。

私も正直、ネット試験のおかげで3級2級に90点以上で合格できたと言っても過言ではありません。

すでに申込みをした方は、無理して切り替える必要はないです。

ただ、万が一落ちてしまった時の代替案として、ネット試験のことを覚えておいてもらえれば役立つかと思います。

ネット試験については、実際に私が受験した経験から伝えられる対策なども紹介しています。

気になる方はぜひ合わせてご覧ください。

⇧目次へ戻る

まとめ

まとめ

統一試験は多くの方に馴染みがあり、紙で解答できるので自然と選んでしまう方も多いかと思います。

ただ、最近追加されたネット試験では

  • 問題が比較的簡単
  • いつでも受験できる
  • すぐに合否がわかる

など、知らなきゃ損するレベルでみなさんに都合の良い受験方法になっています。

ぜひそれぞれの良し悪しをチェックして、自身が納得の行く試験方法を選んでください。

⇧目次へ戻る

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

タップできる目次