次は「経理屋さん」で検索してね

転職エージェントがムカつく!?評判や体験談をもとに対処法を解説!

転職エージェントがむかつく!アイキャッチ
  • URLをコピーしました!
  • 転職エージェントがむかつく!うざい!しつこい!
  • この転職エージェント何とかならないの?
  • 転職エージェントなんて金目当てだし信用できない

こんな方のための記事です。

実際に転職エージェントを利用し、不快な思いをしてしまう方は多いです。

私もその一人でした。

しかし利用していくうちに

  • 「〇〇があるからエージェントはこんな対応してくるんだ」
  • 「こうしたらエージェントに煽られずに済むじゃん!」

と、解決策が見えてきました。

同じような被害者を減らすため、私が得た経験を余すことなくこの記事でご紹介します。

この記事を読めば、本来の転職エージェントの良さを発揮し、転職成功へつなげることができますよ。

この記事を書いている人
  • 転職エージェント複数利用経験あり
  • 未経験で経理転職に成功
  • 現役経理部員として活躍中
タップできる目次

【体験談】転職エージェントのここがむかつく!

転職エージェントのむかつくポイント

実際に転職エージェントを利用して感じた「ムカつきポイント」が、いくつかあるはず。

ここでは以下の2つの軸に分けて紹介します。

  1. 私の経験
  2. 周りの声

①私の経験

実際に私が感じた転職エージェントのムカつきポイントは以下の7つ

  1. 上から目線で偉そうな態度を取る
  2. 希望を無視して求人を送ってくる
  3. 特定の求人をごり押してくる
  4. 電話やメールがしつこい
  5. 相手からの返答が遅い
  6. 転職をせかしてくる
  7. 相談しても親身になってくれない

まとめると「自分都合で上から目線」といった特徴があります。

こういったエージェントに当たった場合、仏でもない限りは不快になりますよね。

あいおん

僕も最初は自信がなく「自分が悪いのかな…」と悲観的になってたよ

②周りの声

次に周りの声を紹介します。

転職エージェントに不満のある方は私やあなただけではありません。

  • 強引
  • せかす
  • 誘導してくる
  • 連絡が来ない
  • エージェントによって対応が違う

いろんな意見がありますね。

実際どこも一定数、不快なエージェントが存在する実情がわかっていただけたかと思います。

【理由】むかつく転職エージェントが存在するワケ

転職エージェントがむかつく理由

むかつく転職エージェントが存在するのは単に「性格が悪いから」だけではありません。

転職エージェントというビジネスの仕組み上、どうしてもエージェントの都合に寄ってしまうという裏事情があります。

具体的には以下の3点

  1. エージェントのお客様は「求職者」ではなく「企業」だから
  2. エージェントにはノルマがあるから
  3. スキルや経験が足りないエージェントも存在するから

それぞれ詳しく解説しています。

①エージェントのお客様は「求職者」ではなく「企業」だから

転職エージェントは求職者からはお金をもらっていません。

以下のステップ成立して初めて「企業からの紹介料」としてお金がもらえます。

STEP
求職者が転職エージェントに相談
STEP
転職エージェントが「企業」を紹介
STEP
求職者が採用される

そのため、お金をもらう企業側を優先しがちなのが正直なところです。

こうじたビジネスモデルから、求職者に対する圧がでてしまい「むかつく」と感じる方が出てきます。

②エージェントにはノルマがあるから

転職エージェントは求職者が採用されないと報酬が出ません。

そのため、各エージェントには

  • 面談回数
  • 紹介件数
  • 採用実績

など、細かなノルマが課せられます。

エージェントはノルマを達成するために、半ば強引に内定承諾や応募、面接を勧めてくるといった背景があります。

あいおん

僕は「事務職が良い」っていってるのに、求人倍率の低い「営業職」を勧められたときもあったよ。しかもエージェントの勧め方も上手、、まいったねえ

③スキルや経験が足りないエージェントも存在するから

単にスキルや経験が足りないエージェントも存在します。

知識が足りてないと、信頼できるような情報ももらえず、不満に感じる人も多いです。

良い商品(求人)を
適切な求職者(消費者)に
丁寧におすすめするのがベテラン

あいおん

営業も一緒だね

これがうまくできないと、無理に商品を勧めるムカつくエージェントになってしまいます。

【対処法】むかつく転職エージェントに当たった時にすべきこと

ムカつくエージェントに当たった時の対処法

こちらがどれだけ気を付けていても、ムカつくエージェントに遭遇する可能性はあります。

こういった場合は適切な対処法を取ることで、気持ちよく転職エージェントが活用できます。

私が試して効果のあった対処法は以下5つ

  1. 自分の意思を明確に伝える
  2. 常に理由を聞く姿勢を持つ
  3. 担当エージェントを変更する
  4. 複数の転職エージェントを利用する
  5. 「前のエージェントの〇〇が苦手で…」と伝える【煽り対策】

①自分の意思を明確に伝える

転職エージェントには自分の意思を明確に伝えましょう。

  1. してほしいこと
  2. してほしくないこと
  3. 希望条件

これらを明確に伝えることで、転職エージェントと適切な関係を保つことができます。

あいおん

エージェントもプロとはいえ、言わないと伝わらないこともあるよ

逆に「どの仕事がいいかわからない…」「どうすればいいですか…」と弱気になるのはNG。

意思が固まっていないと、適当な求人を送りつけられ「ここは人気なので応募しておきましょう!」と都合の良いように押し付けられます。

大事なのは曖昧にしないこと。

分からない所は「ここがわからない!」「ここがしりたい!」と明確に伝えることで、やる気もアピールでき一石二鳥です。

あくまで対等に。見下されないようにふるまう姿勢が大切です。

②常に理由を聞く姿勢を持つ

転職エージェントは定期的に連絡や求人の紹介をしてくれますが、こちらからもアクションを起こしていく必要があります。

例えばエージェントから「この求人はおすすめです!」と紹介されたら「この求人を勧める理由は何ですか?」と聞いてみましょう。

理由を聞くことで

  • エージェントに熱意が伝わる
  • エージェントも下手なこと言えなくなる
  • 転職の判断材料になる

など、メリットはたくさんあります。

全てをエージェント任せにしていると、納得のいく転職はできません。

自分からできるアクションの一つとして「理由を聞く」ことから始めてみてください。

③担当エージェントを変更する

担当エージェントは変更してもらうことが可能です。

「相性が合わない」「もう少し詳しい人にお願いしたい」という場合は遠慮なく変更を申し出て構いません

むしろ変更後の方が

  • 求職者に必要なものがわかる
  • 会社の評判をつぶしたくない

という理由で、丁寧にサポートしてくれる可能性が高いです。

業界最大手のでも、担当の変更を推奨しています。

キャリアアドバイザーも求職者も「最適なキャリアを選択する」という目的は同じです。そのため、合わないと思ったときは我慢したり遠慮したりする必要はありません。逆に、キャリアアドバイザーを変更したほうが、その後の転職活動がうまく進む可能性もあります。

リクルートエージェント公式

私が変更依頼をした際に送った例文

お世話になっております。

現在転職支援サービスを利用しております〇〇と申します。

担当の△△様にはいつも丁寧にサポートしてしていただき、大変申し上げにくいのですが、私自身もうすこし未経験の経理分野に関する情報が欲しいというのが正直な感想です。

つきましては、志望しております経理職に詳しい方と、一度お話をさせて頂きたいと思い、ご連絡いたしました。

お忙しいところ恐縮ではありますが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。

ポイントは「他の人に変えて!」と直球に伝えないこと。

「理由を添えて他の人と話したいことを伝える。」

これで十分です。

むしろこちらが高圧的な態度を取ってしまうと、転職サービスを利用できなくなる可能性もあるので注意してくださいね。

あいおん

僕はこれで相性最高のエージェントに出会えたよ

④複数の転職エージェントを利用する

転職エージェントは複数利用するのが基本です。

大手転職サイト によると、転職成功者は平均4社の転職エージェントを利用していることがわかっています。

複数利用するメリットは以下の3点

  1. 幅広く情報を収集できる
  2. 相性の良いエージェントが見つかる
  3. 客観的にエージェントの良し悪しを判断できる

逆に一つのエージェントしか利用していないと、多少不満があっても「こんなもんなのかな…」と適正な判断ができません。

良いエージェントは一定数存在します。

それを見つけるという目的でも、複数利用し、相性の良いエージェントを探すことはおすすめです。

あいおん

僕は最終的に7社登録したよ

⑤「前のエージェントの〇〇が苦手で…」と伝える【煽り対策】

担当のエージェントがむかつく!→変更する!

は、良いですが、同じ状況を繰り返していれば本末転倒。

そこで、エージェント変更後にハズレを引かないよう、魔法の言葉をみなさんにお伝えします。

「現在別のエージェントを使わせていただいているのですが、意思に反する転職を勧めてきます。これでは私の希望する転職が叶わないと思い、御社を登録しました…」

といった感じです。

セカンドオピニオンみたいなイメージですね。

不満を持っている理由が明確であれば「同じ理由で退会させるわけにはいかない」と、警戒し、丁寧にサポートしてくれる可能性が高いです。

あいおん

煽ってきたらよそ行っちゃうぞ!

同じ被害に合わないために、前回の原因となる部分を明確にしましょう。

それを伝えると、常に良い変化を受けながら前に進めますよ。

実際に優しく接してくれた転職エージェント3選

実際にやさしく接してくれた転職エージェント

ここでは実際に優しく接してくれた信頼している転職エージェントを3つご紹介します。

私は7社の転職エージェントを利用しましたが、エージェントの質でいうと以下3社がおすすめです。

  1. (親身な相談力が抜群)
  2. (サポート性が異常)
  3. (10時間以上の徹底サポート)

それぞれ解説していきます。

①リクルートエージェント(親身な相談力が抜群)

リクルートエージェント

リクルートエージェントは30万件以上の求人を持つ、業界最大手の転職エージェント。

取り扱っている年代、業界、職種ともに幅広く、万人にマッチしているのが特徴的。

あいおん

「以前のエージェントが○○で…」と相談したらとても親身になって話を聞いてくれたよ。安心感のあまり、こっちから声をかけたくなるほどのエージェントさん。はじめての転職で不安が多かったから、心の支えになったよ。

\ 登録料は一切かからないよ /

②doda(サポート性が異常)

doda

こちらも日本トップクラスの転職実績を誇る転職エージェント。

サポート性が優れており、転職者の満足度ランキングでは1位を獲得。

あいおん

時には優しく、時には厳しく、現実を教えてくれる信頼できるエージェントさん。転職不慣れな僕に対して、応募書類の添削・面接対策を積極的に行ってくれる心強い味方だったよ。はずれの少ないエージェントといわれているだけあって、サポート体制の充実度は個人的にNo1。

\ 登録料は一切かからないよ /

③第二新卒エージェントneo(10時間以上の徹底サポート)

第二新卒エージェントNeo

第二新卒に特化した若手向けの転職エージェント。

一人当たり10時間以上の相談を乗ってもらえるほどのサポート制。

面接対策満足度では1位を獲得しています。

あいおん

僕は第二新卒で不安だったけど、若手の採用実績も豊富で、非常に親身に相談に乗ってくれたよ。エージェントのほとんどが、第二新卒で就職してるみたいで、低姿勢かつ対等に話を聞いてくれた。だからほとんど緊張することなくサポートが受けられたよ。

\ 登録料は一切かからないよ /

ほんとにこの3つは安心?

100%安心が保証できるエージェントは存在しません。

結局は自分やエージェントとの相性によっても変わってきます。

実際に面談し、あなたの目で確かめるのが一番効率的

ハズレを引いてしまってもリスクはほとんどないうえに、登録は無料です。

先ほど紹介した5つの対処法を駆使すればOK

ぜひ小さな行動から大きな成功へとつなげてください。

まとめ:しっかり対処すれば転職エージェントも有効活用できます

今回は、むかつく転職エージェントに対しての対処法を解説しました。

数多くのムカつきポイントがありますが、多くはエージェント側のビジネスモデルが原因です。

しかし、適切な対処をとることで、満足のいく転職活動を進めることが可能。

良いエージェントもいれば、悪いエージェントもいます。

それを判断し対応できるのは、知識を持ったあなた自身です。

ぜひ転職活動に役立ててください。

転職エージェントも上手に使いこなせば、最高のサービスですよ。

転職エージェントがむかつく!アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次