次は「経理屋さん」で検索してね

簿記ネット試験の感想と注意点!【3級2級に90点以上で合格】

簿記ネット試験の感想 アイキャッチ
  • URLをコピーしました!
  • 簿記のネット試験を受けようか迷ってる
  • ネット試験を受けた人の感想やコツがあれば知りたい

ペーパー試験は多くの人に馴染みがあるものの、ネット試験(PC回答)には慣れておらず、混乱される方も多いです。

実際SNS上では「こんなの知らなかった!」と後悔されてる方をよく見ます。

本記事では、実際に簿記3級2級とネット試験を受けた私が「ここは知っておきたかった」と思う点を

  1. 感想
  2. 環境
  3. コツ
  4. 注意点
  5. 勉強法

の5つに分類し、分かりやすく解説していきます。

ここでリサーチしているあなたなら大丈夫。

失敗しないどころか、ネット試験を有利に解き倒すことができますよ。

この記事の信頼性
  • 簿記3級2級に90点以上で合格
  • 簿記3級2級をネット試験で受験
  • 現役経理部員として簿記を活用中
タップできる目次

簿記のネット試験を受けた感想

簿記ネット試験 感想

実際に簿記のネット試験を受けて感じた感想は以下の3つ

  1. 統一試験よりネット試験の方が解きやすい
  2. 自分のタイミングで試験開始できる
  3. 合否がすぐにわかるのはありがたい

感想①統一試験よりネット試験の方が解きやすい

統一試験は、見たこともないような捻り問題がチラホラ…(過去問より)

合格率や周りの声からみても「はずれ回」が存在するため、運要素が含まれています。

対してネット試験は9割以上が問題集レベル

非常に解きやすかったです。

あいおん

むしろ問題集より易しかった気もする…

ネット試験は「簡単」というより「安定している」といった表現がしっくりきます。

「生半可な理解では解けないが、要点をしっかり理解していれば合格を目指せる」といった印象です。

合格を目指すならネット試験をおすすめします。

感想②自分のタイミングで試験開始できる

ネット試験は試験開始時間に「ではスタート!」と始まるわけではありません。

席に付きパソコンで受験者ログインを行ったあと、自分のタイミングで試験開始ボタンが押せます。

開始する前に

  • キーボード、マウスの動作確認
  • 回答のイメトレ
  • 深呼吸

など、自分のペースが作れたのは、緊張しがちな私にはありがたかったです。

あいおん

落ち着いて試験に挑めたよ

感想③合否がすぐにわかるのはありがたい

ネット試験は、試験終了ボタンを押した瞬間に合否がわかります

対して統一試験の場合、試験から2~3週間後に合否がわかるため、

  • 受かってるのかな…
  • 落ちてたら再勉強しないといけないけど分からない…

と、モヤモヤした状態が続きます。

次の行動に繋げるためにも、すぐに合否がわかるネット試験はありがたかったです。

あいおん

「うおっしゃーー!!」とドヤ顔で試験会場から立ち去れるよ

簿記のネット試験の環境

簿記ネット試験 環境

学校のテストと違い、ネット試験はパソコン上で問題を解きます。

慣れない試験で中々イメージも湧かないと思うので、利用できる5つのアイテムをご紹介します。

  1. パソコン環境
  2. ボールペン
  3. メモ用紙
  4. 電卓
  5. ヘッドホン

①パソコン環境

簿記ネット試験 机の配置イメージ図

デスクトップPCのモニターをみながら問題を解いていきます。

キーボードはテンキー(右側の数字が入力できるキー)付きで、スムーズに回答できます。

マウスは、会社や自宅と感度が違う場合がありますが、こればかりは仕方ありません。慣れるしかないです。

②ボールペン

メモ用のボールペンが1本配布されます。
(私物の筆記用具は使えないので注意)

これが意外と不評で、テストセンターによっては「書きづらい!」といった声もあります。

あらかじめ安物のボールペンで練習しておくと良いですよ。

あいおん

インクが出るかも事前に確認しておこう

③メモ用紙

メモ用紙としてA4用紙が2枚配布されます。

裏面も使えるため、余白を開けてメモしていきましょう。

あいおん

メモ用紙は試験終了後に回収されるよ

④電卓

電卓だけは自前のものを使えます。

貸出はできないので、絶対忘れないように…!

あいおん

電卓に慣れる練習もしておこうね

⑤ヘッドホン

周囲の音が気になる人のために、ヘッドホンが用意されていました。

テストセンターは、簿記以外の受験者も利用しています。

  • 入退室が気になる
  • 呼び出し音が気になる
  • 電卓、キーボード音が気になる

このような方は利用してみてください。

あいおん

僕は普段と違うことはしたくなかったから、使わなかったよ

簿記のネット試験のコツ

簿記ネット試験のコツ

ネット試験で失敗しないためのコツを4つ紹介します。

  1. 机上の配置を整える
  2. メモは丁寧に書く
  3. キーボードのTabキーを活用する
  4. 桁を確認する

コツ①机上の配置を整える

実際に私がネット試験を受けた時の、机の配置をお見せします。

簿記ネット試験 机の配置イメージ図

こだわりポイントとしては

  1. キーボードは奥に置く(スペース確保のため)
  2. 電卓は左側に(テンキーとの打ち間違いを防ぐため)
  3. 空いたスペースにA4メモ用紙を置く

これだけでも、解けるスピードは大きく変わります。

ちなみにキーボードとテンキーが隣にあると、どっちを打ってるか分からなくなるので注意してください。

あいおん

僕は2級学習中は電卓を左手で打つように切り替えたよ。
左打ちは経理実務でも役立ってるからおすすめ!

コツ②メモは丁寧に書く

メモはなるべく丁寧に書いてください。

制限時間を気にして雑に書く人もいますが、

  • 文字が読めない
  • どこの部分メモしてたっけ、、
  • 6か0かわかんねええ!

といった事故が多発します。

あいおん

ぼくの経験談だよ、、

急がば回れです。

メモ用紙も表裏合わせて4ページ分使えるので、ゆとりをもって書いていきましょう。

コツ③キーボードのTabキーを活用する

回答欄を移動するときは、キーボードのTabキーでも可能。ということは覚えておきましょう。

回答ごとにマウスを使っていると、カーソルを合わせる分、時間のロスにつながります。

「絶対にTabキーを使え!」という訳ではなく

  • Tabキー:となりの回答欄に移動する時
  • マウス: 大きく回答欄を移動する時

みたいな感じで、使い分けると効果的です。

あいおん

模擬試験(PC版)で、どんな動きをするか確認しておこう

コツ④桁を確認する

回答欄に数字を入力している際は、カンマが付きません。

10000000→10,000,000

カンマを表示させるには「Tabキー」or「他の場所をクリック」で確定させる必要があります。

あいおん

たしかEnterキーでもできたよ

桁ミスをしないためにも、しっかり桁を確認する癖をつけておきましょう。

簿記のネット試験の注意点

簿記ネット試験 注意点

ネット試験を受ける前に、注意しておいてほしい点は以下の4つ

  1. 余裕をもって予約する
  2. 古いテストセンターは避ける
  3. 試験時間に余裕をもつ
  4. キーボードの予測変換に気を付ける

注意点①余裕をもって予約する

ネット試験は、基本いつでも予約可能ですが

  • 土日などの休日
  • アクセスの良いテストセンター

は、人気が殺到するため、直前に予約すると埋まっていることが多いです。

こうならないために、できれば試験2週間前には予約しておきましょう。

あいおん

忙しい人ほど先に予約しないと予定が崩れちゃうよ

注意点②古いテストセンターは避ける

テストセンターが選択できるのであれば、なるべく新しいテストセンターを利用しましょう。

新しいテストセンターの場合、

  • 机のスペースが広い
  • 仕切りがしっかりしてて集中しやすい
  • 単純に気持ちよく受験できる

といったメリットがあります。

あいおん

同じ受験料を払うなら、少しでも良い環境で受けたほうが、パフォーマンスも上がるよ

注意点③試験時間に余裕をもつ

簿記3級2級ともに試験時間に余裕があるわけではありません。

「模擬試験では10分余裕ができたから本番は見直しできそう」という方もいますが、そこが落とし穴。

試験本番は環境の違いや緊張により、思った以上に時間が掛かります

対策として以下がおすすめです。

  • 1問1問焦らず正確に入力する(すごく大事)
  • 見直しする箇所の優先順位を付けておく
  • 模擬試験の段階で想定より余裕を持って問題を解く

心で「落ち着こう」と思っても緊張はするものです。

そこを受け入れ、論理的な対策を講じることが合格への近道です。

注意点④キーボードの予測変換に気を付ける

ネット試験では一部、日本語入力する場面があります。

そこで気を付けてほしいのが予測変換。

過去の受験者が入力したであろう予測変換が表示されますが、それが正確という保証はどこにもありません

自分を信じ、漢字が合っているかのチェックは怠らないよう意識しましょう。

簿記のネット試験に受かるための勉強法

簿記ネット試験 勉強法
  • まずはテキストを読み込んで…
  • とりあえずスクールに通いましょう!

こんな発信をよく見かけますが「この手法だと不合格の道に進んでしまう。」と個人的には思います。(学習に苦労を重ねた身なのでよくわかります)

5年前10年前とは時代も違います。

今だからこそできる勉強法を最大限活用しましょう。

結論、私のおすすめは「簿記スクール×YouTube」です。

  1. YouTubeでインプット
  2. スクールで質問

簿記のYouTube動画は

が超オススメ。

両者とも「理解」に重きをおいているので非常にわかりやすいです。

参考記事:簿記YouTubeおすすめ5選

簿記スクールのオススメは一択です。

  • 簿記スクールで最も人気
  • 講師の山田先生が分かりやすいとSNSで話題
  • 無制限で質問できる(電話、Skype、メール)
  • 通信だからスキマ時間に学習できる
  • 低価格でコスパが良い

など、スクールの良いところがすべて凝縮されています。

気になる方は資料請求して確認してみてください。

簡単1分の申込で、サンプルテキストや講義DVDが手に入りますよ。

>>


参考記事:簿記スクールのおすすめ4選

参考記事:クレアールの評判、口コミ

参考記事:クレアールのコース、割引情報

あいおん

僕はこの手法で3級2級に90点以上で合格したよ

高得点合格が狙える勉強法については、以下の記事で詳しく解説しています。


ネット試験の場合はこれに加え、プラスαの対策を行うことで、一気に合格へ近づきます。

すべきことはたったの一つ

ネット試験と同じ形式の問題をパソコンで解いてください。

解いていくうちに、ネット試験の環境に慣れてきます。

加えて模擬試験を解く中で、以下の4つが意識できれば完璧です。

  1. 制限時間を測る
  2. A4メモ用紙を2枚用意してそこにのみメモ書きする
  3. 安くて使いづらいボールペンを使う
  4. 電卓やメモ用紙、マウスの配置をそろえておく

本番と似たような「問題」「形式」「内容」で練習することで、耐性がつき、試験時の不安も取り除けます。

どうやったらネット試験問題が解けるの?

簿記のネット試験問題は、以下の「まるっとシリーズ」が、おすすめです。

12回分の模擬試験がネット試験方式で受けられます。

あいおん

難易度も試験本番よりちょっと難しいくらいだから、すごくいい練習になるよ

過去問は解いた方がいい?

ネット試験を受けるなら、過去問は解かなくてOKです。

統一試験と似た系統の問題が多いため、あまり参考になりません。

「過去問回答」→「ネット試験対策」にすることで、時間を無駄にせず学習できますよ。

あいおん

先ほど紹介した「まるっとシリーズ」は
・簿記学習のアウトプットになる
・ネット試験の感覚がつかめる
から一石二鳥だよ

模擬試験で何点取れるまで学習すべき?

模擬試験では「点数」と「回答時間」に注目してください。

  • 点数:80点以上
  • 回答時間:制限時間より10分以内
    • 簿記3級→45分
    • 簿記2級→75分

これを2~3回連続でとれるようになれば、本番でも十分合格が期待できます。

一度解いた問題を、日を開けてといてもOKです。

あいおん

僕は20回分くらい解いて90点以上を目指してたよ

スクールってホントに必要?

簿記スクールはぜひ活用してください。

理由は質問できずに挫折した方を多く見てきたから。

いくら教材の質が良くても、分からない部分は存在します。

それを補填する上でスクールは役立ちます。

あいおん

簿記が全然わからなかった僕も、たくさん質問したおかげで合格できたよ


スクールを利用するならクレアール一択!

まとめ

ネット試験は「難易度」や「解きやすさ」からみても、受けてよかったと感じています。

  • 最近導入されたばかり
  • PC回答の試験になじみがない

といった理由で、なんとなく統一試験を目指す方も多いので、本記事を読んでくださったあなたはラッキーです。

合格するためにはネット試験用の対策が必要。

ただ、過去問を解いてた時間を、ネット試験対策にあてればOKなのでなにも無駄にはなりません。

ぜひ皆さんも、ネット試験をうまく活用し、合格を目指してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

簿記について詳しく知りたい方

ネット試験について詳しく知りたい方

簿記の勉強法について詳しく知りたい方

簿記ネット試験の感想 アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次