次は「経理屋さん」で検索してね

簿記のネット試験とは?受けるメリットや対策について経験者が解説!

簿記のネット試験 まとめ アイキャッチ
  • URLをコピーしました!
  • 簿記のネット試験ってなに?
  • 統一試験ペーパー)とどっちを受けるべき?
  • ネット試験用の対策ってある?

2020年12月に導入された簿記のネット試験。

まだ多くの方に浸透していないこともあり、迷われる方は多いです。

しかしネット試験を上手く使いこなせるかで、合格率に大きく影響します。

そこでネット試験について全く知らない方はもちろん。「来週受けてくるよ!」といった方までためになるような情報を、本記事に詰め込みました。

簿記試験を受ける前の1記事として是非参考にしてください。

この記事の信頼性
  • 簿記3級2級に90点以上で合格
  • ネット試験経験あり
  • 現役経理部員として活躍中
タップできる目次

簿記のネット試験ってなに?統一試験(ペーパー)との違いは?

今まで簿記の試験は年3回行われる統一試験(筆記)で構成。

しかしコロナの影響もあり2020年12月よりネット試験が導入されました。

ネット試験は、試験センターにおいてあるPCで回答する方式です。

あいおん

自宅のPCからは受けられないよ!

統一試験とちがいいつでも受験できることから、年々利用者も増加しています。

ネット試験と統一試験の違いは以下の通り

ネット試験(CBT方式)統一試験(筆記)
試験日いつでも2月、6月、11月
試験時間3級:60分
2級:90分
3級:60分
2級:90分
試験会場テストセンター商工会議所 or 指定会場
試験方式パソコン解答紙解答
試験問題受験者ごとに異なる受験者全員が同じ
受講料3級:2,850円
2級:4,720円
(別途事務手数料として550円必要)
3級:2,850円
2級:4,720円
合格発表試験終了後、瞬時に合否判定郵送にて合否発表(約2~3週間後)
筆記用具持込禁止テストセンターにて貸出持込可

大きく違うのは

  • 試験方式
  • 試験日の幅広さ

ちなみに簿記1級は統一試験のみとなっています(2022年7月現在)

簿記のネット試験を受けるメリット

簿記をネット試験で受けるメリット

簿記のネット試験には以下のようなメリットがあります。

  1. スケジュールに合わせて受験できる
  2. 落ちてもすぐに再受験可能
  3. 試験終了後、すぐに合否がわかる
  4. 難易度に偏りがなく、安定している
  5. 予約のキャンセル・変更がしやすい

まとめると、自由度が高く、チャンスをつかみやすいのがネット試験の特徴です。

あいおん

気軽に受けられると、試験の緊張感も和らぐから良いよね

一つずつ解説していきます。

①自分のスケジュールに合わせて受験できる

ネット試験は事前に会場と日時を予約すれば、いつでも受験が可能です。

ネット試験が開催されていないのは以下の日時のみ

・2022年4月1日(金)~2022年4月13日(水)
・2022年6月6日(月)~2022年6月15日(水)
・2022年11月14日(月)~2022年11月23日(水・祝)
・2023年2月20日(月)~2023年3月1日(水)
(統一試験前後はネット試験は受けられないようです)

商工会議所HPより

年に3回しか開催されない統一試験に比べると、自分のスケジュールに合わせて受験できるといったメリットがあります。

  • 目標を決めて勉強できる
  • 就職・転職に向け1日でも早く取得したい

といった場合に、予定を狂わせることなく勉強が進められます。

②落ちてもすぐに再受験可能

ネット試験は、落ちてもすぐに再受験できるため、モチベーションを保ったまま挑めるといったメリットがあります。

「落ちてから2週間後に試験日を設定」して、再チャレンジすることも可能です。

あいおん

統一試験は落ちたら再受験できるのは4か月後。勉強のペースが崩れちゃうからね…

もちろん受験料はかかりますが「落ちてもまだ次がある」と考えると、本番時の緊張も和らぎますよ。

③試験終了後、すぐに合否がわかる

統一試験の場合、試験から2~3週間後に合否がわかるため、

  • 受かってるのかな…
  • 落ちてたら再勉強しないといけないけど分からない…

と、モヤモヤした状態が続きます

しかしネット試験のだと、試験終了後に合否が表示されます。

次の行動に繋げるためにも、合否がはやく知れるに越したことはありません。

あいおん

すぐ合否がわかると、精神衛生上も良いよね

④難易度に偏りがなく、安定している

統一試験は、問題集にも出たことのないような捻った問題が出題されます。

よって「あたり回」「はずれ回」が存在し、合格率にも大きな差が生まれることもしばしば。

一方、ネット試験は難易度による偏りがほとんどありません。

しっかり要点を押さえていれば十分に合格が目指せます

得意不得意な分野はあれど、対策次第で運要素は大きく排除できますよ

あいおん

正直統一試験の捻り問題は対策のしようがないよ…

⑤予約のキャンセル・変更がしやすい

ネット試験は気軽に試験日の変更、キャンセルが行えます。

例えば

  • 勉強ペースが間に合わない
  • コロナにかかってしまった
  • 試験日に外せない用事ができた

といった場合にでも、試験日3日前までなら受験料も返金されます。

ノーリスクで予定の変更が行えるのはネット試験のメリットですね。

あいおん

予定変更しても、ネット試験ならすぐ受けられるね

簿記のネット試験を受けるデメリット

簿記をネット試験で受けるデメリット

メリットの多いネット試験ですが、以下のようなデメリットも存在します。

  1. 問題用紙に書き込みができない
  2. パソコンに慣れてないと、回答に時間が掛かる
  3. 筆記用具が持ち込みできない

一つずつ解説していきます。

①問題用紙に書き込みができない

ネット試験の場合、問題がパソコン上に表示されるため、書き込みができません。

問題によっては、書き込みをした方が解きやすくなるため、統一試験を勧める方もいらっしゃいます。

ネット試験を受ける方は、配布されるメモ用紙を上手く活用できるよう、練習する必要があります。

あいおん

メモのコツを掴んだら、そこまで苦に感じなかったよ。

②パソコンに慣れてないと、回答に時間が掛かる

ネット試験は

  • 勘定科目がプルダウンで選択できる
  • カンマを自動で入力してくれる

などのメリットもありますが、パソコンが苦手な人にとっては苦労する場合も…

試験で緊張してる中、慣れないパソコンで回答するとなると、どうしても時間はかかってしまいます。

あいおん

ただでさえ試験時間に余裕があるわけではないからね

ただ、ネット試験用の問題集(PC回答)を解けば自然となれていき、紙回答よりも効率的に解けるようになりますよ。

③筆記用具が持ち込みできない

ネット試験は筆記用具の持ち込みができません。

テストセンターから配布されるメモ用紙やボールペンを使うことになります。

中には「安物で書きづらい」といった口コミも、SNS上で上がっています。

本番に近い環境を取るために、100均などの安いボールペンで練習しておくと良いですよ。

あいおん

シャーペンやお気に入りのボールペンで練習しないよう気を付けてね

※電卓はご自身のものが使えます。

今まで多くの人は、紙の試験を多く経験してきました(テストや受験など)

つまりPCでの回答に慣れていない。といったところがネックになってきます。

ただこれは、慣れの問題なので対策すればほぼ問題ありません。

実際の試験に近い形で模擬試験を受けてみることで、本番時もスムーズに回答できますよ。

簿記はネット試験と統一試験(ペーパー)どっちで受験すべき?

簿記は圧倒的にネット試験がおすすめです。

理由は以下の3つ

  • 試験の難易度が安定している
  • 好きなタイミングで挑戦できる
  • 落ちても再受験できるから安心

このように、受験する上での精神衛生上、ネット試験のほうが相性が良いです。

あいおん

統一試験は合格率の幅が凄すぎて、あたり回とはずれ回があるからおすすめしないよ

ネット試験だと、解答用紙に書き込みできなくて不便じゃない?

慣れていないだけで、ネット試験用の対策をすれば数日で慣れますよ。

PCで受けられる模擬試験問題もあるため、本番に近い形で練習できます。

おすすめの模擬試験問題は「⇩ネット試験に受かるための勉強法」で紹介しています。

ネット試験だと合格者って認められないってホント?

変わった問題が出にくいことから「ネット試験の方が簡単」と言われることも多いです。中には「ネット試験だと意味ない」という声も極まれに聞きます。

しかし商工会議所は、ネット試験も統一試験も同様合格者として認めています。

履歴書にも「日本商工会議所簿記検定試験〇級」と記載できます。

あいおん

試験方法が違うだけで、合格者は合格者だよ

これからの時代、どの資格にもネット試験は導入されていきます。

時代に取り残されないためにも、あらかじめPCやネット環境に慣れておくことも必要ですよ。

簿記のネット試験の受験手順

簿記のネット試験を受ける上で、

  • 申し込みの流れ
  • 試験当日の流れ

を、軽く把握しておきましょう。

申し込みの流れ

STEP
日本商工会議所のアカウントを作成する

マイページアカウント作成ページへアクセスし、メールアドレスを入力。

届いたメールのURLから、ID、パスワード等を登録します。

MyPageへアクセスし、ログインを行ってください。

STEP
試験の申し込みを行う

CBT登録をクリックし、試験、受験日時、テストセンター名を選択します。

確定をクリックし、受験料を支払います。

申し込みが完了すると「お申込み完了のお知らせメール」が届き、受験日時やテストセンター名が確認可能です。

STEP
予約の変更・キャンセル

MyPageの「予約変更」「予約キャンセル」ボタンを選択することで変更・キャンセルが可能です。

受験日の3日前まで、変更・キャンセルができ、受験料も返金されます。

STEP
受験日前の確認メールが届く

試験日の1日前に「受験日直前のお知らせ」メールが届きます。

試験当日の流れ

STEP
持ち物の準備
  • 本人確認書類
  • 電卓

を準備します。
(テストセンターからボールペンの貸出があるため、筆記用具は不要です。)

STEP
テストセンターに到着

テストセンターには開始5分前には到着するようにしてください。

遅刻すると受験できません。

STEP
受付

本人確認書類を見せ、受付を済ませます。

必要事項の説明や、ボールペン等の貸出を行います。

STEP
試験会場に入室

指定された席に座り「受験ログイン情報シート」に記載されているID とパスワードを入力します。

自分のタイミングで試験を開始できます。

あいおん

開始前に深呼吸して緊張をほぐしておこう

STEP
試験終了

試験時間の経過 or 試験終了ボタンを押すことで、試験終了となります。

画面に合否が表示されます。

ここで必ず「試験結果を印刷」してください。

受付でスコアレポートを受け取り、終了となります。

簿記のネット試験を受ける際の注意点

簿記のネット試験 注意点

簿記のネット試験を受ける前に、以下3点は押さえておきましょう。

  • ネット試験の受験方式を押さえておく(対策にも本番にも活かせる)
  • 試験の2週間前には予約しておく(土日は人気で埋まりやすい)
  • なるべく新しいテストセンターで受ける(机のスペースが広いことが多い)

知っていないと損する場面も多く存在します。

後悔しないためにも、しっかりとリサーチし、知識武装していきましょう。

あいおん

僕や友人も、後から知って後悔したこともたくさんあったよ…

簿記のネット試験でよくある質問

簿記ネット試験 机の配置イメージ図
実際に受けてみてどうだった?

受けてよかったと思える内容でした。

  • 統一試験よりネット試験の方が解きやすい
  • 自分のタイミングで試験開始できる
  • 合否がすぐにわかるのはありがたい
ネット試験のコツってある?

以下を意識すれば、問題の解くスピードも格段に上がります。

  • 机上の配置を整える
  • メモは丁寧に書く
  • キーボードのTabキーを活用する
  • 桁を確認する
注意した方がいいことは?

後で後悔しないためにも以下4点は注意が必要です。

  • 余裕をもって予約する
  • 古いテストセンターは避ける
  • 試験時間に余裕をもつ
  • キーボードの予測変換に気を付ける
どうやって勉強した?

簡単にまとめると以下の2つだけで合格できます。

  1. YouTubexスクール(簿記のおすすめ勉強法)
  2. ネット試験と同じ形式の問題を解く

正しい手法で時代に合った勉強法が必要です。

実際にネット試験を受けたときの感想を記事にしているので、気になる方はご覧ください。

まとめ:簿記はネット試験がおすすめ

簿記のネット試験は導入されたばかりで、混乱する方も多いです。

「よくわかんないし統一試験でいいや」ではなく「ネット試験ってなんだ?」と気にする方が、今後の合格率を左右します。

  • 効率面
  • メンタル面
  • 安定性

からみても、ネット試験はおすすめです。

毛嫌いする方もいますが、それは今までの試験方式の常識にとらわれているだけ。

少しの対策で、効率的に問題を解けるようになります。

今後のためにも、ぜひネット試験を検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

簿記について詳しく知りたいかた

簿記のネット試験 まとめ アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次