次は「経理屋さん」で検索してね

第二新卒に特化した転職エージェントおすすめ6選!未経験もOK!

第二新卒におすすめの転職エージェント アイキャッチ
  • URLをコピーしました!

転職したいけど第二新卒だし不安だな…

どこか良い転職エージェントはあるかな?

第二新卒は「転職に慣れていないから」という理由で、若さという武器をムダにしている人が多いです。

だからこそ、その道のプロである転職エージェントに相談する必要があります。

しかしネットで調べても数多くのオススメが出てきて迷いますよね。

ということで本記事では、実際に第二新卒で転職を経験したことのある私が、ホントにオススメできるエージェントを6社に厳選して紹介していきます。(約40社から厳選)

それぞれが特徴をもっているので、あなたにぴったりのエージェントが見つかるはずです。

第二新卒の強みを活かすためにも、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いている人
  • 第二新卒で転職の経験あり
  • 第二新卒から未経験で経理転職に成功
  • 全8社の転職エージェント利用経験あり
aion_icon
あいおん
エージェント特徴公式サイト
UZUZ ロゴ
平均12時間の徹底サポート
親身に相談に乗ってもらいたい人におすすめ
公式サイトをみる
就職SHOP ロゴ
書類選考無しで面接可能
確実に正社員の内定を取りたい人におすすめ
公式サイトをみる
mainavi_logo
大手総合型で求人数豊富
20代に信頼されているエージェントNo1
公式サイトをみる

タップできる目次

第二新卒特化のおすすめ転職エージェント6選

第二新卒エージェントおすすめ

それでは「第二新卒特化の転職エージェント」を6社紹介していきます(約30社の転職エージェントから厳選しました)

スクロールできます
ウズキャリ就職SHOPジェイックハタラクティブ第二新卒エージェントneoマイナビエージェント
ロゴUZUZ ロゴ就職SHOP ロゴJAIC ロゴ
ハタラクティブ ロゴneo_logomainavi_logo
求人数2,600
(+非公開求人)
非公開非公開2,300
(+非公開求人)
2,114
(+非公開求人)
1,046
(+非公開求人)
年代20代20代20代20代20~50代20~40代
エリア首都圏/愛知/大阪/福岡全国全国全国全国全国
強み/実績平均12時間の徹底サポート10万人以上のサポート実績「職業紹介優良事業者認定制度」に認定選考を受けた80%以上が就職に成功就職/転職しさすさNo1入社後の定着率97.5%
おすすめな人徹底的にサポートを受けたい人書類選考無しで面接を受けたい人5日間の社会人研修を受けたい人求人の幅を広げたい方親身で寄り添ったサポートを受けたい方20代人気No1のエージェントが良い方
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

①ウズキャリ

ウズキャリ LP

は「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート」に特化した転職エージェント。

徹底的なサポートに定評があり

  • 平均12時間の相談
  • 企業ごとの選考対策

など、転職が右も左もわからない状態でも安心して利用できます。

担当者も、過去に「就活の挫折」「短期離職」を経験しており、利用者気持ちに共感しながらサポートしてくれます。

サポートだけでなく、内定率は86%以上(全国平均40%)といった実績もあるため、確実に転職を成功させたい人にもおすすめです。

名前
求人数2,600件 + 非公開求人
年代20代
エリア首都圏/愛知/大阪/福岡
強み平均12時間の徹底サポート
ブラック求人徹底排除
企業ごとに選考対策を実施
担当者の多くが短期離職等を経験
内定率86%以上
入社後の定着率96.8
弱み保有求人が少ない
サポートの拘束時間が長い

ウズキャリがおすすめな人

  • 「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート」の方
  • 転職にブランクがある方
  • 初めての転職で右も左も分からない方
  • 徹底的な長時間サポートを受けたい方

▼ウズキャリの評判・口コミ▼

\ 入社後の定着率96.8%! /

カンタン1分で登録できます

【関連記事】ウズキャリの特徴・評判・口コミは?利用者の感想も合わせて解説!

②就職SHOP

就職Shop LP

は20代や未経験に特化した転職エージェント。

大手リクルートが運営していることもあり、10万人以上のサポート実績をもっています。

また書類選考無しで面接できる点が、他のエージェントにはない魅力の一つ。

口コミを見ても「どこよりも親切丁寧だった」といった声が多く、利用者満足度の高い転職エージェントです。

名前
求人数非公開
年代20代
エリア全国
強み利用者の9割が20代
10万人以上サポート実績あり
10,000以上の優良企業を用意
書類選考無しで面接可能
求人は全て、担当者が直接訪問した企業のみ
弱み大手企業の求人が少ない
30代以上向けの求人はほぼない

就職SHOPがおすすめな人

  • 20代/未経験の方
  • 社会人経験が浅い方
  • 書類選考無しで面接に挑みたい方
  • 正社員への就職を叶えたい方

▼就職SHOPの評判・口コミ▼

\ 多くの若者が正社員転職に成功! /

カンタン90秒で登録できます

【関連記事】就職SHOPの特徴・評判・口コミは?

③ジェイック(JAIC)

ジェイック 登録画面

は、「第二新卒」「既卒」「フリーター」「ニート」「中退者」などを対象にした転職エージェント。

5日間の無料社会人研修を受けることで、20社の優良企業とそのまま面接が可能。

求人も「経験」ではなく「伸びしろ」を重視した企業が多く、20代でも内定に繋がりやすいといったメリットがあります。

他では中々経験できない、少し変わったエージェントです。

名前
求人数非公開
年代20代
エリア全国
強み5日間の社会人研修が受けられる(無料)
研修後は書類選考なしで面接が受けられる
求人は全て、担当者が直接訪問した企業のみ
入社後の定着率は91.5%
「職業紹介優良事業者認定制度」に認定されている
弱み研修の時間が取れない人には合わない
応募できる求人に制限がある

ジェイックがおすすめな人

  • 社会人経験がない方
  • 過去の経験にブランクがある方
  • 社会人としてのスキルを研修で身につけたい方
  • なるべく早く正社員として働きたい方

▼ジェイックの評判・口コミ▼

\ 正社員就職が叶う! /

カンタン30秒で登録できます

【関連記事】ジェイック(JAIC)の特徴・評判・口コミは?

④ハタラクティブ

ハタラクティブ LP

は「第二新卒」「既卒」「フリーター」に特化した転職エージェント。

利用者の90%以上が20代向けで、求人もそれに合わせて用意されています。

第二新卒向けのエージェントの中では、求人数も多めなので、応募の幅を広げられるのも特徴的。

サポートも手厚く、LINEなどで気軽にやり取りできるため、転職に慣れてない方でも気軽に利用できますよ。

名前
求人数2,300件 + 非公開求人
年代20代
エリア全国
強み20代/未経験向けの求人が豊富
選考を受けた80%以上が就職に成功している
カウンセリング実績10万人以上
LINEなどで気軽に連絡できる
弱み30代以上の求人はほぼない

ハタラクティブがおすすめな人

  • 20代で転職に慣れてない方
  • 求人の幅を広げたい方
  • 就職成功率の高いエージェントを使いたい方

▼ハタラクティブの評判・口コミ▼

\ 就職成功率80%以上! /

カンタン1分で登録できます

【関連記事】ハタラクティブの特徴・評判・口コミは?

⑤第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo公式サイト

は「第二新卒」をはじめ「既卒」「フリーター」「高卒」「中卒」に特化した転職エージェント。

平均8時間のサポート実績をもつなど、徹底的に時間を使ってくれます。

私が利用したときも

  • 早い返事と柔軟な対応
  • 低姿勢で気軽に相談できる

など、安心して楽しく転職活動が進められました。

サポートだけでなく、平均4社受ければ内定ゲットできるなど、高い就職成功率にも強みを持っています。

名前
求人数非公開
年代20代
エリア全国
強み就職/転職しさすさNo1
一人あたりのサポート時間8時間以上
最大2時間の初回カウンセリング
10,000社以上の企業と取引
不採用の理由をしっかり教えてくれる
弱み30歳以上の登録は不可能
地方求人が少ない

第二新卒エージェントneoがおすすめな人

  • ブランクのある20代・第二新卒の人
  • 徹底的なサポートを受けたい人
  • 確実に正社員になりたい人
  • 不採用の理由を知って次につなげたい人

▼第二新卒エージェントneoの評判・口コミ▼

\ 1日70人以上が登録してます! /

カンタン30秒で登録できます

【関連記事】第二新卒エージェントneoの特徴・評判・口コミは?

⑥マイナビエージェント

マイナビエージェント HP

は、若手に一番人気のある総合型エージェント。

20~30代向けの求人を多く持っており、大手ならではの情報量と手厚いサポートが魅力です。

私も「経理の転職エージェント」として利用しましたが、こちらから声をかけたくなるほどのエージェントさんでした。

各専門知識を持った担当者がいるため「この人この分野全然わかってないな」とはなりません。

入社後の定着率も97.5%と、非常に信頼できる転職エージェントです。

名前
求人数7,621件+非公開求人
年代20~30代
エリア全国
強み20代の転職エージェント満足度No1
様々な業種の求人がある
各専属の担当者がいる
入社後の定着率97.5%
サポートの良さに定評がある
弱み管理職クラスの転職には向かない

マイナビエージェントがおすすめな人

  • 20代~30代の人
  • 求人数豊富なエージェントを使いたい人
  • 各専門知識を持った担当者に指導してもらいたい人
  • サポートに定評のあるエージェントを使いたい人

▼マイナビエージェントの評判・口コミ▼

\ 20代人気No1! /

カンタン5分で登録できます

【関連記事】マイナビエージェントの特徴・評判・口コミは?利用した感想も合わせて解説!

⇧目次へ戻る

迷ったら第二新卒特化のウズキャリがおすすめ!

ウズキャリ 実績

もし「どれがいいか迷う!」と思った方は、がおすすめです。

ウズキャリは

  • 平均12時間の徹底サポート
  • 企業ごとに選考対策(満足度97%以上)
  • 優良企業だけを厳選
  • 転職支援サービス満足度No1
  • 信頼できる就活支援サービスNo1
  • 入社後の定着率96.8%

など、その徹底されたサポートから出た実績はホンモノです。

また担当者全員が「第二新卒」「既卒」なので、あなたの気持ちに共感しながら相談してくれます。

正直20代・第二新卒は「使わない方が損!」といっても良いほどの転職エージェントです。

デメリットは「サポートが手厚すぎて転職慣れしている人には合わないかも」というくらい。

でも実際転職慣れてしている第二新卒なんて99%いないので大丈夫。

あいおん

も、すごくわかりやすく書いてあるから気になる人はみてみてね

ここまで力の入ったエージェントが無料で利用できるのは、第二新卒である今だけです。

登録は5問の質問に答えるだけ。たったの30秒で完了するので、気になる方はまず無料相談だけでも受けてみると良いですよ。

>>

⇧目次へ戻る

そもそも第二新卒ってなに?いつまでを指すの?

Question

第二新卒とは「学校を卒業→就職後1~3年で一度退職→再度転職を目指す人」を指します。

簡単に言うと「新卒から3年以内に転職しようとする人」のことです。

新卒や既卒などとゴッチャになってる人もいると思うので、表にまとめてみました。

名前就職の意思説明
新卒あり今年度中に学校(大学/専門/高校)を卒業する見込みのある学生のこと
既卒あり学校を卒業後、バイトや派遣社員などは経験したが、正社員としては働いたことがない人
第二新卒あり学校を卒業後、正社員として就職したが3年以内に再度転職を目指す人
フリーターなし就活をする気がなく、アルバイトをしている人

つまり第二新卒は、「社会人経験のある若者」と20代の中でもかなり強めな位置づけであることがわかります。

第二新卒を求めつつある企業も、最近は増加傾向中。

そんな第二新卒にも以下のような「強み」「弱み」が存在します。

第二新卒の強み第二新卒の弱み
最低限の社会人マナーが身についている
前職の経験を持っている
若くて将来性がある
すぐに辞めると思われる
経験豊富な人にはかなわない

第二新卒の強み

実は、第二新卒にしかない強みが存在します。

新卒でも経験豊富な方でもなく、第二新卒だからこその強みです。

この強みをうまく活かせるかが、転職成功のカギを握っています。

第二新卒の強みは以下3つ。

①最低限の社会人マナーが身についている

第二新卒は最低限社会に出ているという証です。

つまり

  • 社会人としての基礎知識
  • ビジネスマナー
  • 取引先との対応
  • 会社での立ち振る舞い

など、最低限の社会人マナーが身についていることになります。

これは新卒就活生にはない大きな強みです。

企業からすると

  1. ビジネスマナーを教育する手間が省ける
  2. その分、仕事内容に関する教育にコストが避ける

など、非常にありがたい人材であることがわかります。

あいおん

大人数ならともかく、1人だけを対象にマナー教育するのは「コスト」「手間」を考えると非効率だからね

②前職の経験を持っている

第二新卒は

  • IT企業
  • 事務職
  • 営業

など、何かしら前職の知識・経験をもっています。

これは新卒はもちろん、その職種しか経験してこなかったベテランには持ち合わせていません。

これを「少ししか経験していない…」ではなく「少しでも経験した!」と胸を張ってアピールするれば、強い武器にだってなりえます。

③若くて将来性がある

第二新卒は若いため

  • 成長速度が早い
  • 柔軟性があり、企業になじみやすい

など、将来性のある人材です。

大手転職サイトの求人では、長期キャリア形成のため若手を募集している企業もありました。

経理 第二新卒求人

そのくらい若手の将来性は期待されているということ。

この若さに熱意を載せてアピールすれば、採用担当にも刺さりますよ。

あいおん

若さは努力じゃ手に入らない強力な武器だからね

第二新卒の弱み

第二新卒には弱みもあります。

その弱みを理解しカバーしてあげるところまでがセットです。

第二新卒の弱みは以下2つ

①すぐに辞めると思われる

第二新卒はどのような理由があったにせよ、短期で会社を辞めたことは事実です。

採用しても「またすぐ辞めてしまうのではないだろうか」と、不安に思われてしまう可能性があります。

これの対策は「やめずに長く続けます」とストレートに伝えるのではなく

  1. 前職をやめた明確な理由を話す
  2. その理由と紐づく志望動機を伝える

このように、理由と根拠を交えて説明する必要があります。

②経験豊富な人にはかなわない

単純な話ですが、第二新卒は社会人経験10年20年の人に比べると、経験は劣ります。

企業が、第二新卒という「若さ」ではなく、スキルを重視した「経験」を求める場合も十分あります。

そこは割り切って「若さ」を求めた企業へ就職し「経験」を積むことに専念していきましょう。

⇧目次へ戻る

第二新卒に必要な転職エージェントの選び方

注意

第二新卒が転職エージェントを選ぶなら「担当者との相性」を意識すればOKです。

仮に

  • 優良求人がたくさんある
  • サービス内容が豊富
  • 評判が良い

といったエージェントでも、相談に乗ってくれる担当者がひどければすべてが台無し

ということで、担当者との相性の見極め方は以下4つを意識してください。

  1. 希望に沿った求人を紹介してくれる
  2. 返事、連絡が早い
  3. 具体的にアドバイスしてくれる
  4. 親身に相談に乗ってくれる(大事)

でも正直、相性に関しては、担当者の性格や人柄に左右されます(100%全員が完璧なエージェントはありません)

公式サイトや評判などでは図れない部分なので、実際に初回面談を受けて判断するのが一番効率的です。


基本的には

  1. 求人の幅が広がる
  2. 各エージェントの独占求人がチェックできる
  3. 複数の視点からアドバイスを貰える
  4. 質の悪い担当者を見分けられるようになる

といった点から、エージェントは複数利用することをおすすめします。

転職エージェントを1社登録したときと複数登録したときの違い 図

画像のように複数利用したほうが、成功率も上がりむしろ効率的です。

エージェントの登録は数分で済むので、転職に失敗したくない方はぜひ自分の目で確かめてみてください。

エージェント特徴
入社後の定着率96.8%
書類選考無しで面接可能
5日間の就職サポート講座あり
20代求人トップクラス
平均8時間の徹底サポート
20代に信頼されているエージェントNo1

⇧目次へ戻る

転職エージェント利用の流れ

転職エージェント 利用の流れ

転職エージェント利用の流れは意外とシンプル。

7STEPで完了します。

STEP
転職エージェントに登録

まずは、各転職エージェントのサイトから会員登録を行います。

登録は簡単。住所や氏名、メールアドレスを入力するだけです。

あいおん

数分で終わるので、あまり難しく考えなくてOK

STEP
担当者との面談

次に、転職エージェントの担当者と面談を行います。

ここで自分が希望する職種や業界、転職条件についてお話しします。

もし、分からない点や不安な点があった場合は、積極的に相談してみましょう。

あなたに寄り添って教えてくれますよ。

STEP
求人紹介を受ける

STEP2での面談後、あなたの希望に合わせて求人が紹介されます。

このとき、転職エージェントが保有する「非公開求人」も紹介されます。

1週間たって紹介がなければ、自分から担当アドバイザーへ連絡しましょう。

こちらから状況を確認することで転職に積極的なことも伝わりますよ。

STEP
選考対策を受ける

転職エージェントが用意する選考対策を受けられます

  1. 履歴書の添削
  2. 職務経歴書の添削
  3. 面接対策など

転職指導のプロが応募する会社にあわせて対策をしてくれます。

あいおん

転職エージェントから対策を受けるか聞かれるケースもあるけど、聞かれなければこっちから申し出てね

STEP
求人へ応募

紹介された企業へ応募を行います。

応募手続きは、転職エージェントが進めてくれます。

STEP
面接

応募した企業と面接を行います。

面接の日程調整は全てエージェントがおこなってくれるので安心です。

不採用でも、その理由をフィードバックしてくれるため、次につなげられます。

STEP
内定/入社準備

めでたく内定をもらえたら、入社するかを決めます。

あいおん

エージェントが入社を勧めてくる場合もあるけど、最終的には自分でしっかり決断してね

もし入社が決断できたら、退職や入社の手続きを進めていきましょう。

転職エージェントは内定がもらえたら終了というわけではなく、内定から入社までのフォローはもちろん、入社後の不安や悩みの相談までサポートしてくれます。

⇧目次へ戻る

第二新卒が失敗しない転職エージェントの使い方

第二新卒エージェントの使い方

あなたの使い方次第で、転職エージェントの良さは何倍にも引き出せます。

これから紹介する使い方を知っているだけで、転職成功率も大きく変わりますよ。

第二新卒が失敗しない転職エージェントの使い方は以下4つ

①面談前に自己分析をしておく

エージェントと初回面談をする前に、自己分析をしておきましょう。

例えば

  • 前職の経験
  • 持ってるスキル
  • 強み、弱み
  • 希望条件

このあたりをできる限りあらい出しておきましょう。

これをしているかいないかで、紹介される求人の質も大きく変わってきます。

「明確な目標を細かく立てろ!」というわけではありません。

あなたがわかる範囲内で良いので整理しておくと、話もスムーズに進みますよ〜といった感じです。

あいおん

面談中に慌てないために準備しておくのは大事だよ

②ありのままの自分を伝える

担当者とやりとりする際は、ありのままの自分を伝えましょう(特に初回面談)

話を持ったり嘘をつくのはダメってことです。

エージェントに嘘をつくということは、応募企業にも嘘をつくことになります。

入社してから「スキルが足りなかった!」となって困るのは自分。

企業はもちろん、転職エージェントとの信頼関係も崩れることになるので、ありのままの自分を伝えてください。

あいおん

特に若手の人は「少しでもよく見せよう!」って見栄はっちゃう人が多いから気をつけてね

もしスキルが不十分でも大丈夫。

転職のプロが、最適な改善法や求人を紹介してくれますよ

③担当者にあなたの熱量を伝える

担当者にはあなたの熱量を伝えましょう

熱意がある=転職成功率が高い ということで、担当者からのサポートが手厚くなります(実体験)

方法としては以下の通り

  • 担当者からの連絡の返信はマメに返す
  • 面談中はメモをとる
  • 積極的に質問する

これはすべて私の実体験です。

あいおん

ホントに効果があるから是非実践してね

④担当者が合わなければ変更する

担当者が合わなければ変更してもらいましょう。

求人の質は良いのに、担当者との相性が悪いのはもったいないですからね。

転職エージェントホームページの「問い合わせ」から連絡すれば基本変更してもらえます。

あいおん

僕が変更してもらったときは見違えるくらい良い担当者の方が来てくれたよ

⇧目次へ戻る

転職エージェントを利用する上でよくある質問 Q&A

転職エージェントを利用する上でよくある質問について回答しておきます。

  1. 転職エージェントは使うべき?
  2. 何社登録すればいいの?
  3. ホントに無料なの?なんで?
  4. 「転職エージェント」「転職サイト」「ハローワーク」どれ使ったらいい?
  5. 転職エージェントが合わなかったらどうすればいい?
  6. 登録したら、必ず転職活動しないとダメ?
  7. 今の仕事辞めてから転職活動したほうがいい?
転職エージェントは使うべき?

基本的に年齢関係なく、転職エージェントは利用すべきです。

転職エージェントのサービス内容は以下の通り。

  1. 転職相談が受けられる
  2. 非公開求人がある
  3. 企業の内部情報がわかる
  4. 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  5. 面接対策をしてくれる
  6. 面接の通過率が高くなる
  7. 面接の日程を調整してくれる
  8. 企業との条件交渉を代わりにしてくれる

これがすべて無料で受けられます。

一昔前までの「一人で行う転職活動」からは時代も変わっています。

利用者が急増している今「使った方が有利」というより「使わないと不利」になるのが現状です。

合わなければ辞めればよいだけです。ノーリスクだからこそ、試す価値が生まれます。

転職エージェントって何社登録すればいいの?

転職エージェントは最低でも2~3社登録しましょう

理由は2つ

  • 求人の幅が広がる
  • 相性の良し悪しがある

特に1社しか登録してないと相性が悪かった際「転職エージェントだめやん、、」と決めつけてしまう場合があります。

それはほんとにもったいない。

エージェントの良さを活かすためにも、余裕をもって複数登録しておきましょう。

転職成功者も平均4社のエージェントを利用しています。

あいおん

僕はあまり使わなかったのも含めると合計8社くらいお世話になったよ~

転職エージェントってホントに無料なの?なんで?

本記事で紹介した転職エージェントはすべて無料で利用できます。

理由は、転職エージェントが求人を依頼した企業からお金をもらっているから

だから私たちは無料でサービスが受けられます。

あいおん

「基本無料で後から課金が必要!」とかもないから安心してね

「転職エージェント」「転職サイト」「ハローワーク」どれ使ったらいい?

基本的には「どれも活用する」が正解です。

  1. 転職エージェント→人を介して転職サポートが受けられる
  2. 転職サイト→自分で求人を検索して好きな企業に応募できる
  3. ハローワーク→求人数が非常に多い

など、それぞれに良さがあります。

共通しているのはすべて無料で利用できるということ。

「転職エージェント」のサポートをベースに「転職サイト」「ハローワーク」を補助として利用していくのがオススメです。

転職エージェントが合わなかったらどうすればいい?

転職エージェントが合わなかった場合は

  • 担当者を変更してもらう(意外と有効)
  • 他の転職エージェントを利用する

といった具合に対処していくのがオススメです。

無理して使い続ける必要はなく、良い部分だけを利用していけば良いですよ。

あいおん

時々無理に転職を勧めてくる人がいるから、気をつけてね

転職エージェントに登録したら、必ず転職活動しないとダメ?

転職エージェントに登録後、必ずしも転職活動を始める必要はありません

転職前に、これからのキャリアを相談するだけでも大丈夫。

まずは、転職エージェントに登録して、

  • 自分でも転職可能か?
  • 自分に合う求人はあるのか?
  • 他に自分にあう求人はないか?

といったところから相談を始めれば良いですよ。

あいおん

自分の市場価値を確かめるために相談するだけでもOKだよ

今の仕事辞めてから転職活動したほうがいい?

基本的に退職してからの転職活動をするのはおすすめできません。

転職が決まる前に退職すると、お金の面でも精神的に不安になり「早く転職しなきゃ」と焦ってしまいます。

結果、妥協してしまい転職失敗。といったことも十分ありえます。

基本的には働きながら転職エージェントに相談し、自分のペースで転職活動を進めていくのが最適解です。

あいおん

もしもう退職してしまってる人は、僕みたいに職業訓練校に通いながら転職活動していくといいよ

⇧目次へ戻る

まとめ:第二新卒なら転職エージェントを上手に使いこなそう

第二新卒は、転職経験がなく不安な人で溢れています。

「慣れてないから」という理由で、若さという武器をムダにするのはもったいない。

だからこそその道のプロである転職エージェントに任せる必要があります。

不安なら寄り添ってくれるエージェントを探せばOK.

第二新卒に特化したエージェントがあるということは、第二新卒に需要があるということ。

第二新卒にしかない強みもあるので、ぜひ諦めずに転職成功へとつなげてください。

エージェント特徴
入社後の定着率96.8%
書類選考無しで面接可能
5日間の就職サポート講座あり
20代求人トップクラス
平均8時間の徹底サポート
20代に信頼されているエージェントNo1

  • やりたい仕事ができる
  • 年収アップで生活が楽に
  • 好きなときに休める
  • 残業が減る

日本には隠れた優良求人がたくさんあります。

それを見つけるための転職エージェントを今回は紹介しました。

みなさんの転職活動が満足の行くものになりますように。

もし迷った方はTwitter(@aion1224up)までご連絡ください。

あなたの転職活動を支えるために応援しますよ。

⇧目次へ戻る

第二新卒におすすめの転職エージェント アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次