次は「経理屋さん」で検索してね

簿記3級に落ちた!原因と対策を合格者が解説【次は合格できます】

簿記3級 落ちた
  • URLをコピーしました!
  • 簿記3級に落ちてしまった
  • 簿記3級は簡単って聞くし、落ちた自分は向いていないのかな
  • 次受かるにはどうしたらいいか教えて!

簿記3級に落ちてしまい「自分には向いてないんだ…」と挫折する人は多くいます。

私も最初は簿記の理屈がまったく理解できず、何度も挫折しかけました。

しかし勉強法を見直すことで「簿記3級、2級に90点以上で合格」することに成功。

そこで今回は「簿記3級に落ちた方へ伝えたいこと」や「合格するための方法」について詳しく解説していきます。

この記事を読めば「簿記3級に合格するための正しい取り組み方」がすべて分かります。

タップできる目次

簿記3級に落ちた人へ伝えたいこと

簿記3級に落ちた人へ伝えたいこと

まずは簿記3級に落ちた方へ。私から4点お伝えしたいことがあります。

  1. 簿記3級は簡単ではない
  2. 合格者の声は気にしなくて良い
  3. 諦めずに再チャレンジしてほしい
  4. 次の試験まで気を抜かない事

①簿記3級は簡単ではない

受験者数実受験者数合格者数合格率
159(2021.11.21)58,025名49,095名13,296名27.10%
158(2021.6.13)58,070名49,313名14,252名28.90%
157(2021.2.28)70,748名59,747名40,129名67.20%
156(2020.11.15)77,064名64,655名30,654名47.40%
155(2020.6.14)中止 中止 中止中止 
154(2020.2.23)100,690名76,896名37,744名49.10%
153(2019.11.17)99,820名80,130名34,519名43.10%
152(2019.6.9)91,662名72,435名40,624名56.10%
151(2019.2.24)104,357名80,360名44,302名55.10%
150(2018.11.18)111,657名88,774名38,884名43.80%
149(2018.6.10)101,173名79,421名35,189名44.30%
日本商工会議所ページより引用

表のとおり、過去10回の平均合格率は46.2%。最近では30%を切るほど、合格率も下がっています。

つまり、受験者の半分以上が不合格。簿記3級に落ちるということは、そこまで珍しいことではありません。


つぎに各人気資格の目安勉強時間も見てください。

資格勉強時間
簿記3級150~200時間        
ITパスポート100時間
FP3級30~120時間
MOS40~80時間
危険物取扱者乙4類50時間
秘書検定20~40時間
各資格に必要な勉強時間目安

簿記3級の勉強目安は150時間と、他の入門資格に比べると難易度の高さが伺えます。

簿記は年間30万人以上が受験するほどの超人気資格です。

「簿記3級は誰でも受かる」という一部の声に騙されないよう注意してください。

②合格者の声は気にしなくて良い

よく合格発表後は、SNS上で「合格報告」が流れます。

自分が落ちてしまった場合、合格報告にばかり目が行ってしまい「みんな合格してるなあ」とショックを受けることもあるでしょう。

一度冷静に考え直してください。繰り返しになりますが、受験者の半分は落ちています

目の前の情報ばかり見て、落ち込まないよう注意が必要です。

気持ちは分かりますが、とにかく気にしないことが大切。

あいおん

大丈夫。落ちたのはキミだけじゃないよ

③諦めずに再チャレンジしてほしい

不合格になった方も、是非再チャレンジしてみてください

簿記は努力と正しい取り組み方をすれば必ず受かります。

さらに簿記を取得するメリットはたくさんあります。

簿記3級のメリット
  1. 就職や転職に役立つ
  2. 進路の選択肢が広がる
  3. 会計の仕事が自分に向いてるか分かる
  4. 他の資格取得につながる
  5. 経理や会計の苦手意識がなくなる
  6. 数字に強くなる
  7. 家計管理の精度が上がる
  8. 資産運用に役立つ
  9. 副業や事業に役立つ

何のために簿記を目指そうと思ったのか。今一度考え直してみてください。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

④次の試験まで気を抜かない事

記事を読んでくれてる方の中には

  • 試験には落ちたけど、あと数点で合格できたんだ!
  • 運が良ければ合格できた!

といった方もいることでしょう。

確かにいま、再受験したら合格する可能性はあります。

しかしココが落とし穴!

なぜならここで中途半端に勉強してしまい、連続で不合格になる方が非常に多いから。

  • もう一度苦手な箇所が出たら?
  • 勉強不足で忘れてしまっていたら?

こんな方は、次受験するときも不安との戦いです。

せっかくなら「しっかり準備したし、合格はもちろん、高得点取ってTwitterに載せるんだ!」くらいの気持ちで行きたいですよね。

次の試験まで期間ある場合はどうすればいい?

今はいつでも受験可能なネット試験も開催されています。

あなたの好きなペースで再挑戦できるので、知らなかった方はチェックしてみてください。

期間が空くと気が抜けちゃう場合はどうしたらいい?

そんな方は是非2級に挑戦してください。

3級の基礎が分からないと2級の問題は解けません。

また、2級を学習すれば、自然と3級の理解も深まります。

目の前の3級だけでなく、その先の2級を目指すことで「確実に3級は合格できる。」といった状況が作り出せるのでオススメです。

あいおん

3級取ったらそのまま2級を目指す人は多いよ~

簿記3級に落る原因と対策

簿記3級に落ちてしまう原因と対策

次は簿記3級に落ちてしまった人の原因と対策について解説していきます。

一つでも当てはまった方は、しっかりと改善していきましょう。

  1. 「3級は簡単」という言葉を信じた
  2. 暗記で試験に挑んでしまう
  3. 分からないところを放置している
  4. ケアレスミスをしてしまう
  5. 試験時間が足りない
  6. 勉強時間が足りない
  7. 勉強の方向性を間違っている

①「3級は簡単」という言葉を信じた

まず意外と多いのが

  • 「簿記3級は簡単」
  • 「だれでもとれる」

といった言葉を信じ、半ば中途半端に勉強してしまった人。

人間は簡単なものに対して手を抜いてしまう生き物です。

これが多くの人が失敗する要因になります。

なぜ3級は簡単といわれるのか
  • 1回で合格できたから
  • 2級に比べると簡単だから
  • 実務経験があったから
  • 合格した瞬間「簡単だった」って言う人がいる

よく学生時代「全然勉強してない。やべ〜笑」って人ほど良い点数とってたりしましたよね。

要はあまり信じるなってことです。

対策】
強敵に立ち向かうつもりでしっかり取り組む

②暗記で試験に挑んでしまった

よく質の悪い講師や、たまたま合格できた人は

  • 「とにかくこのパターンを暗記すれば大丈夫!」
  • 「2級はきついけど3級なら暗記でいける」

と、やたら暗記をすすめてきます。

正直、暗記でも合格できないことはありませんが、予想外の問題に対応できません。

合格するために大切なのは本質を理解すること。

そうすることで

  • 応用にも対応できる
  • 定着しやすい
  • 実務や事業で活かしやすい
  • 楽しく学べる

といったメリットが生まれます。

そもそも3級を暗記で突破した人は、確実に2級で苦しみます。

【対策】
暗記ではなく本質を理解する

Youtubeの『ふくしままさゆき先生』の動画が、理解型でわかりやすくおすすめです。

③分からないところを放置した

仕訳が分からないと決算問題が解けない。

つまり、基礎を放置しておくと後で詰まるのがオチです。

分からないところを放置する人の理由をあげると

  • 考えても分からなかった
  • 考えるのが面倒
  • 分からなくても聞く人がいない
  • 問題が解けたから分かった気になっていた

この辺りが該当します。

あいおん

僕も当初は「どこが分からないかすら分からん」みたいなヒドイ状態だったよ(笑)

まずは「分からないところは放置しない」ところから始めましょう。

意識するだけで大分変ってきますよ~

【対策】

  1. とりあえず問題を解いてからテキストを読み返してみる
  2. ネットで検索してみる
  3. Yahoo知恵袋を活用してみる
  4. YouTubeで検索する
  5. 質問できる環境に身を置く

一番手っ取り早いのは質問すること。

数日悩んで解決できなかった問題が、質問したらウソみたいに一瞬で理解できます。

おすすめは、簿記スクールでおなじみです。

業界でも珍しい無制限での質問が可能。

割引を使えば10,000円以内で受講できるので「次は絶対合格するぞ!」という思いのある方はチェックしてみてください。

あいおん

無料&60秒で資料請求できるから、受講するかはそのあと考えればOKだよ~

④ケアレスミスをしてしまった

「あ~!あと2点で合格できたのにー!あそこミスしなければ…」

といった方もいるでしょう。

よくあるミスとして

  • 桁を間違えて回答した
  • 回答欄がズレていた
  • 自分のメモした字が読めない
  • 決算月(12月?3月?)を見間違えた
  • 問題文を飛ばし読みしてしまった

があげられます。

試験本番は緊張して焦りますよね。

余裕がなくなると余計ミスも起きやすいです。

あいおん

僕の講師が言ってた言葉だけど「ミスするってことはまだ余裕がない証拠。反復学習が足りません。現状に満足しないで勉強するんだよ!」これ響いたなあ~

【対策】

  1. メモは丁寧に書く(特に0と6の見間違えに注意)
  2. 問題文の重要ワードはメモしておく
  3. ミスがないよう日頃から反復学習する
  4. 模擬試験でも、10分以上の見直しができるよう調整する

⑤試験時間が足りない

「練習の時は大丈夫だったのに、本番緊張して最後まで解けなかったよ…」

最近は、試験時間に悩む方が続出しています。

その理由として

  • 過去問、模擬試験では解けてたから大丈夫と慢心した
  • 本番緊張しちゃってコンディションが出せなかった
  • 3級の試験時間が120分→60分に変更(2021.6より)

があげられます。

今までより効率的な解答力が求められますね。

【対策】

  1. 電卓の打ち方を見直す
  2. 時間配分を覚える
  3. メモを効率的に取る
  4. 模擬試験で常に余裕を持つ
あいおん

練習と本番は違うってことは覚えておこう

時間足りなかった方は、以下の記事も参考にしてください。

⑥勉強時間が足りない

そもそも勉強時間が足りていない人は非常に多いです。

3級の必要勉強時間は150時間といわれています。

中には「1週間で合格できた」なんて人もいますが、一部の秀才を参考にしても失敗します。

基本的には1~2か月の余裕を持ち

  • 簿記の本質を理解する
  • 問題のパターンを覚える
  • 模擬問題を解く
  • 時間配分を調整する

など、堅実に学習すべきです。

【対策】

  1. 短期間で合格した人に合わせない
  2. 1~2か月の勉強時間を確保する
  3. 1度で勉強せず、毎日コツコツ学習する

⑦勉強の方向性を間違っている

間違った勉強法をしてしまい、合格できなかった方は多いです。

例えば

  • とにかく暗記する
  • 手当たり次第テキストを購入してしまう
  • 質の悪いスクールを受講してしまう

良かれと思ってやったことも、実は間違ってた。なんてことはよくあります。

あいおん

実際に勉強してる人は気づかないことが多いよ

ということで、正しい勉強法をこの後解説していきます。

「次回必ず合格したい!」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

簿記3級に受かるための勉強法

簿記3級に受かるための勉強法

簿記3級合格に必要な勉強法は以外とシンプル。

あいおん

僕はこの方法で3級2級に90点以上で合格してるよ

  1. テキストは一つに絞る
  2. YouTubeを活用する
  3. 試験前は模擬問題or過去問を解く
  4. スクールで質問する

①テキストは一つに絞る

まずは独学で勉強している方。

テキストを1つに絞って学習しましょう。

「当たり前じゃない?」と思うかもしれませんが、意外とできていない方が多いです。

例えば

  • テキストと問題集が統一されていない
  • 上手くいかないから何でもかんでもテキストを買い足す

このような方は気を付けてください。

理由は、分散してしまうと定着しづらいから。

まずは1種類の「テキスト」「問題集」を購入し、95%以上解ききれるよう繰り返し学習してください。

あいおん

同じ問題を解いても間違える人が、他の問題に手を出すのはダメゼッタイ!

②YouTubeを活用する

テキストは一つ!といいましたが、YouTubeの簿記動画はぜひ活用してください。

理由は

  • とにかく分かりやすい
  • 簿記に大切な「本質の理解」に重点を置いた講義
  • スキマ時間で学習できる
  • YouTubeで学習して合格した方は多い

今はこれらが無料で利用できます。

おすすめは

  • ふくしままさゆき先生
  • たぬ吉先生

です。

オススメの簿記系YouTuber

ふくしままさゆき先生

たぬ吉先生

気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

あいおん

僕は全動画を4~5周したおかげで90点以上で合格できたよ

③試験前は模擬問題or過去問を解く

試験前にやるべきことを、試験方式順に紹介します。

  • 統一試験を受ける方→過去問
  • ネット試験を受ける方→模擬問題(ネット試験用)

少なくとも試験1~2週間前には取り掛かってください。

過去問、模擬試験はどのくらい解けばいい?
  1. 時間を測り50分で回答できるよう反復する
  2. 80点以上を目指す
  3. 3回連続で80点以上を狙う

これができたら上々です。

むしろこのくらいできないと、合格は難しいと考えてください。

過去問、模擬試験を受けるときの注意点は?

なるべく試験本番に近い環境で回答しましょう。

簿記ネット試験 机の配置イメージ図

私はネット試験を受けたので

  • メモ用紙2枚
  • 安いボールペン
  • パソコンの配置

など、本番と同じ状況ができるような工夫をしていました。

④スクールで質問する

いくら質の良い教材、YouTubeを見たとしても、疑問点は出てきます。

その疑問点を放置してしまうと、後々苦労してしまうのはみなさんよくお分かりだと思います。

そこでぜひ試してもらいたいのが、スクールの質問サービス

人気スクールなら、通信スクールなのに無制限質問が可能と、学習者の悩みを一気に解決してくれます。

割引制度を使えば1万円以内で受講できるので、試験に落ちて何度も受験料を払うことを考えたらコスパは良いです。

無料で資料請求すれば

  • コース内容
  • お得情報

などが手に入ります。

60秒ほどで申し込みも完了するので、「ホントに大丈夫?」と思った方は、とりあえず資料請求してから考えてみてください。

まとめ

今回は、簿記3級が落ちた方に向けて解説してきました。

データを見ても分かる通り、3級でも落ちる方はたくさんいます。

あまり気負う必要はありません。

ただ、原因を改善し、正しい勉強法を取り入れないことには、次の合格も見えてきません。

ぜひ「Youtube」や「スクール」を上手に活用しながら、合格を目指してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

簿記について詳しく知ろうと思った方

簿記3級 落ちた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次