次は「簿記屋さん」で検索してね

簿記3級2級の試験時間が足りない?対策から時間配分まですべて解説!

簿記の試験時間が足りない アイキャッチ

簿記試験の回答時間が足りない

試験時間短すぎる、、

どうやったらはやく解けるの?

このように、簿記の制限時間に悩まされる人は多いです。

理由は2021年6月の改定で、試験時間が大幅に短縮されたから。

つまり数年前の試験対策法だと、間違いなく時間にやられるということ。

本記事では最新の試験内容に沿って

をすべて紹介していきます。

この方法で対策していけば、試験時間に余裕ができ、10分以上の見直し時間を確保できるようになりますよ。

この記事を書いている人
  • 簿記3級に94点で合格
  • 簿記2級に90点で合格
  • 多くの相談者が簿記に合格
  • 経理部員として簿記を活用中

>>詳しい運営者情報

タップで開く▽

合格者からのメッセージをみる

Twitter(@aion1224up)にて数多くの合格報告をいただいています。

みなさんいつもありがとうございます。

簿記の合格報告など、頂いたお礼のメッセージ一覧
合格者からのメッセージ
簿記の合格証書を見る

簿記3級2級の合格証書です。

日商簿記3級2級の合格証書
私の過去の悲惨な経歴を見る
  • 大学偏差値40台
  • 勉強が大の苦手
  • 簿記に何度も挫折しかける

そんな私でも、簿記3級2級に合格しています。

大事なのは過去ではなく「これからどんな行動をしていくか」だと思っています。

今苦労している方も、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

そもそも問題が解けない!難しすぎる!」という人は、勉強法に問題がある可能性があります。

これは時間配分以前の問題なので「現代に最適な簿記学習法」を先にご覧くださいね。

タップできる目次

簿記は簡単ではない

試験時間短縮の対策をする前に「簿記は簡単ではない」ということをまず覚えておいてください。

以下の「簿記3級 合格率」の表をご覧ください。

簿記3級の合格率

【統一試験(36.2%)】

受験者数合格者数合格率
164
(2023.6)
31,818名9,107名34.0%
163
(2023.2)
31,556名11,516名36.5%
162
(2022.11)
32,422名9,786名30.2%
161
(2022.6)
36,654名16,770名45.8%
160
(2022.2)
44,218名22,512名50.9%
159
(2021.11)
49,095名13,296名27.1%
158
(2021.6)
49,313名14,252名28.9%
参考:日本商工会議所 簿記3級受験者データ(統一試験)

【ネット試験(40.5%)】

期間受験者数合格者数合格率
2023.4~
2023.9
102,672名40,046名39.0%
2022.4~
2023.3
207,423名85,378名41.2%
2021.4~
2022.3
206,149名84,504名41.0%
2020.12~
2021.3
58,700名24,043名41.0%
参考:日本商工会議所 簿記3級受験者データ(ネット試験)

簿記3級でも、平均合格率は38.2%と、半分以上の人が落ちています。


なぜこの説明をするかというと、あと一歩のところで挫折する方が多いから。

思い切って模擬試験を受けてみるも、合格点はおろか、試験時間すら間に合わない。

これでは自信も失ってしまいます。

逆に言えば、あと一歩の踏ん張りで合格できる領域にまできています。

今までの頑張りをムダにせず、一緒に工夫の仕方を学んでいきましょう。

⇧目次へ戻る

簿記の試験時間に苦しむ人は多い

悩む人

最近は多くの受験者が、簿記の試験時間に苦しんでいます。

理由は2021年6月の改定が原因です。

試験時間
(改定前)
試験時間
(改定後)
簿記3級120分60分
簿記2級120分90分

※ネット試験は2020年12月から試験時間が改定されています

ご覧の通り、大幅に試験時間が短縮されています。

もちろん難易度等も調整はされていますが、改定以降格段に試験時間に悩まされる声が急増中。

あいおん

ぼくも一通り学習が終わって模擬試験を解いてみたら、50%くらいしか解ききれなくて、自信なくしそうになったよ

2,3年前とは違い、今の簿記試験には「効率的に解答する力」が、求められています。

時代に沿った対策が必要ですね。

⇧目次へ戻る

簿記の試験時間が足りなくなる原因と対処法

簿記の試験時間が足りない原因と対処法

簿記試験の解答時間は、工夫次第で大きく改善できます。

改定されてしまったものは仕方ないので、あなたができる対処法を一緒に見ていきましょう。

ミスが多い

まずはミスが多い方。

ミスは失点にもなりますが、時間のロスにも繋がります。

試験中に「ん、なんか合わない。変だぞ…」となったら、またイチからやり直しです。

ただでさえ少ない時間を、ミスの確認に奪われてしまっては本末転倒。

対処法として、ミスする箇所を記録しておくのがおすすめです。

私の場合

  • 下書きをなるべく丁寧にかく
  • 6と0ははっきり書く
  • 桁には必ずカンマを書く
  • 月数は指折りで数える
  • 重要なワードはメモしておく

このあたりをチェックリストに記録して、都度見返していました。

これに加え「自分が引っかかりやすい問題リスト」も作っておくと確実にミスが減ります。

あいおん

頭に入れるんじゃなくて、可視化できるリストを作るのが大事

メモの取り方が非効率

メモの取り方が非効率な方は意外と多いです。

簿記試験ではメモをベースに解答していくので、効率が悪いと当然時間は奪われます。

例えば勘定科目。

「現金」「当座預金」「売掛金」と丁寧に書いてる方は今すぐやめてください

勘定科目略称
現金C(Cash)
当座預金当ヨ
売掛金売×
支払手形支手
貸倒引当金貸引
減価償却累計額建るい
車るい
備るい
前期繰越前くり

このように、なるべく簡単かつ短時間で書ける工夫をしてみましょう。

雑に早く書くのではなく、丁寧にムダを省いてメモを取るのが大切です。

常にムダがないかをチェックし、メモに慣れる習慣を身に着けてください。

あいおん

後で読み返せるように大きな字で書くのも大事だよ

電卓の打ち方に問題がある

簿記の必須アイテムである電卓。意外と使いこなせてない人が多いです。

電卓は早く打てれば良いというものではありません。

時間短縮につなげるポイントは以下3つ。

  1. 正確に打つことができているか
  2. 電卓の機能を使いこなせているか
  3. 自分に合った環境で使えているか(右打ち左打ちなど)

1.正確に打つことができているか

電卓は正確に打てるかどうかが非常に重要。

いくら早く打てたとしても、

  • 打ち間違えちゃった
  • あれ、正しく打てたかな、、不安だ

となれば、結局計算のやり直しです。

多少スピードが落ちても構いません。

日頃からゆっくり正確に打つよう心がけてみてください。

あいおん

スピードは後から付いてくるよ。まずは正確さを身に着けよう。

2.電卓の機能を使いこなせているか

電卓の機能、ちゃんと使いこなせていますか?

「M+」「M-」「MR」「MC」「+/-」「GT」「xx」

これを見てピンとこない方は、簿記解説をされているたぬ吉先生の動画をご覧ください。

機能を知っているだけで、飛躍的に計算効率がアップします。

特に2級の工業簿記では大きく計算時間に差が出るので、この機会に習得しておきましょう。

あいおん

実務でも活かせるから覚えて損はないよ

3.自分に合った環境で使えているか(右打ち左打ちなど)

多くの方が電卓を右手で打っていますが、個人的には左手で打つことをおすすめします。

実際のネット試験の環境をご覧ください。

簿記ネット試験 机の配置イメージ図

このように右手でペン、マウス、テンキー操作を行います。

この状態で電卓も右打ちにしてしまうと、右手だけ忙しく非効率です。

あいおん

テンキーとうち間違う可能性もあるからね

実務でも役立つので、ぜひ左打ちの練習をしてみてください。

コンディションが良くない

緊張や体調面の影響で「いつもみたいに集中できなかった」といった方もいます。

緊張不調→焦り→ミス→時間ロス の無限ループに陥りがちです。

それを防ぐために

  • いつもと同じような食事を摂る
  • 前日は良く寝る
  • 試験に近い環境で模擬試験を解く

など、普段通りの実力が発揮できる工夫が必要になります。

後は自分に自信を持ってください。

「分かるかな…」ではなく「余裕余裕解けるっしょ」くらいの気持ちで挑むのは意外とおすすめです。

そもそも簿記を理解できていない

そもそも簿記の本質を理解していない方は意外と多いです。

少し系統の違う問題が出た際に、

  • あれ、AとBどっちだっけ
  • どうやって解くんだっけ

と、迷った結果、手が止まってしまいます

この積み重ねで、どんどん時間をロスしてしまう。

これでは他の解答が間に合わず、全てパーになってしまいます。

小手先のテクニック以前に、根本の問題を断ち切るところから始めましょう。


ちなみに勉強方法は

  1. 試験範囲の変更
  2. 学習コンテンツの変化

によって、大きく常識が変わりつつあります。

簿記3級も2級も、

  • とにかく暗記
  • 高額の講座を受ける

といった勉強法で合格するのはかなり難しいのが現状です

コスパよく高得点合格が目指せる勉強法は、以下の記事で解説しています。

現在簿記学習に苦戦されている方は、ぜひあわせてご覧ください。

簿記のおすすめ勉強法

⇧目次へ戻る

簿記試験の時間配分と解く順番を教えます!

簿記3級2級の時間配分 図グラフ
3級受験者

あ~~第2問難しすぎる!残り時間あと10分しかないのに~~
解けた問題全部合ってたとしても65点…オワッタ…

2級受験者

得意な工業簿記で点を稼ぎたかったのに、時間なくて焦っちゃった、、

こんな人をたくさん見てきました。

これを避けるために必要なのが

  • 時間配分
  • 解く順番

です。

これを意識するかどうかが、合否を左右しているといっても過言ではありません。

では3級2級の解き方について詳しく解説していきますね。

簿記3級の解き方

簿記3級は試験時間が60分。3問構成になっています。

解く順番は画像の通り「第1問→第3問→第2問 」がおすすめです。

簿記3級の時間配分 図グラフ

比較的解きやすい第1問、第3問だけで80点獲得できます。

ここをほとんど解いてしまい、第2問と見直しに落ち着いて取り組もうという戦法です。

あいおん

「配点が高く、解きやすい問題から解く」のがポイント


詳しく解説していきますね。

まずは第1問

仕訳問題が15問出題されます。

ここは短時間で解ける上に配点も高い、コスパ最強問題です。

確実に狙いに行きましょう。


目安解答時間は15分

問題によって解答時間にばらつきがあるので「1問1分」ではなく「15問で15分」で解くようにしましょう。

もし2回読んでもピンと来ない問題であれば、思い切って飛ばしてOK

見直しの空き時間で考え直せば大丈夫です。

あいおん

ここで13問以上正解できるようひたすら練習してね

続いて第3問

決算問題が出題されます。

苦手な方も多いですが、繰り返し解いていれば確実に点が取れるおいしいポイントです。

ここは時間をかけても良いので、25分で解いてください。


反復練習していると、どの部分に配点があるか分かってきます。

配点がない部分に時間を割かないよう意識するのがポイントです。

最後に第2問

補助簿などの問題が出題されます。

ここは時間がかかる上に配点の低い、コスパ最悪の問題です。

あまり時間をかけずに、早めに切り上げるのがポイント


目安解答時間は10分

時々やさしめの問題も含まれているので、そこは重点的に解いてしまいましょう。

パッと見「時間かかりそう」と思ったら、第1問第3問にの見直しにあててください。

あいおん

そのくらい第1問と第3問が重要ってことだよ


こんな時間じゃ解けない!」って人は、90点以上で合格した私がおすすめする「現代に適した簿記3級学習法」を実践してみてください。

古来のやり方ではなく、今だからこそできる最適な勉強法です

簿記2級の解き方

簿記2級は試験時間が90分。5問構成になっています。

解く順番は画像の通り「第1問→第4,5問→第3問→第2問 」がおすすめです。

簿記2級の時間配分 図グラフ

比較的解きやすい第1問、第4問、第5問だけで60点獲得できます。

ここで点を稼ぎ、第3,2問で補填するイメージで合格を目指しましょう。

あいおん

第3問でも安定して点が取れるから安心してね


詳しく解説していきます。

まずは第1問

仕訳問題が5問出題されます。

ここは3級同様、配点効率が非常に良いので満点を狙うつもりで挑みましょう。


目安時間は10分

「1問2分」を目安に回答すればOKです。

2回読んでもピンと来なければ、思い切って飛ばしてしまいましょう。

あいおん

見直し時に再解答すれば大丈夫

次は第4問第5問の工業簿記。

この工業簿記は満点(40点分)を狙える可能性が十分にあります

早めに片付けるのが簿記2級試験最大のポイントです。


大問は分けられていますが、目安は合わせて25分で解くこと。

慣れすぎて「あ~この問題ね余裕余裕」と進めてしまうと、罠にハマるので注意。

  • 問題文はちゃんと読む
  • 電卓は正確に

このあたりは意識して挑みましょう。

次は第3問

決算問題が出題されます。

解答に時間がかかるため、優先度を下げています。

ただ、時間をかければ点が取りやすいのも事実。


目安時間は25分

ここは焦らず時間を多めに使って解答していきましょう。

また、反復練習していると、どの部分に配点があるか分かってきます。

配点がない部分に時間を割かないよう意識するのがポイントです。

最後に第2問

個別問題が出題されます。

ここは3級同様、時間がかかる上に配点の低い、コスパ最悪の問題です。

あまり時間をかけずに、早めに切り上げるのがポイント


目安時間は20分

コツとしては部分点を狙っていくこと。

同じ問題でも「すぐに解ける解答」が存在します。

そこを埋めてしまい、見直しに時間を当てる方が効果的です。

あいおん

もう「無理だ!」と思ったらすぐ他の問題の見直しに移ろう


こんな時間じゃ解けない!」って人は、90点以上で合格した私がおすすめする「現代に適した簿記2級学習法」を実践してみてください。

古来のやり方ではなく、今だからこそできる最適な勉強法です

⇧目次へ戻る

まとめ:簿記の試験時間は短縮できる

まとめ

2021年6月の簿記改定より、明らかに「試験時間が足りない!」といった声が増えました。

しかしやり方次第で大幅に時間を短縮することも可能です。

コレに加え「時間配分と解く順番」を意識できるようになれば完璧です。

本番だけ意識するのではなく、練習の時から取り入れて、慣れておくことが合格への近道。

ぜひこの手法で高得点合格を目指してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

全然時間内に解けない!」という人は、そもそもの勉強法に問題がある可能性があります。

ぜひ以下記事を参考に、無駄のない簿記学習を取り入れてくださいね

⇧目次へ戻る

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

タップできる目次