次は「経理屋さん」で検索してね

経理が向いている、向いていない人の特徴は?【経理部員が解説】

経理が向いている、向いていない人の特徴
  • URLをコピーしました!
  • 経理で働きたいけど、向き不向きってあるの?
  • 経理で働いてるけど、自分が向いてるか不安

経理で働いている方が「こんな仕事だとは思わなかった、、自分には合わない」と、後悔してしまう方は意外といます。

私も経理に就く前は、自分に適性があるか不安でした。

しかし今では、現役経理部員として楽しく働いています

そこで今回は「経理に向いている人いない人の性格や特徴」「その後にすべき行動」について徹底解説。

この記事を読むだけで、あなたに経理が向いているかがすぐにわかります。

タップできる目次

経理に向き不向きはあるのか?

早速ですが、そもそも経理に向き不向きはあるのか?

結論:経理は向き不向きがはっきり分かれる職種です。

私の職場や友人、ネット上の声をみていると、よくわかります。

  • 経理に向いている人→天国
  • 経理に向いていない人→地獄

極端ですが、人によって大きく差が出ます。

この差はいったいどこからくるのでしょうか。

詳しく解説していきます。

経理が向いている人の性格・特徴8選

経理が向いている人の特徴

それでは経理が向いている人の性格や特徴を8つ紹介していきます。

前提としてですが「すべて当てはまってないと経理に向いていない」というわけではありません。

不向きな部分も、意識や対策次第で改善していける場合もあります。

まずは知ることが大切です。

  1. デスク作業に集中できる人
  2. 素直でまじめな人
  3. 心配性な人
  4. 数字に強いor抵抗がない人
  5. 勉強が好きな人(会計に興味がある)
  6. タスク管理が上手な人
  7. コミュニケーション能力がある人
  8. 自分をほめることができる人

①デスク作業に集中できる人

経理業務では、デスクに向かって黙々と作業に集中する必要があります。

つまり「デスク作業は気が散る」という方には向いていない可能性があります。

あいおん

体を使ってアクティブに働くのが好きだと、デスク作業に向かない人が多い印象だね

経理では、お金や数字を扱っている以上、小さなミスでも大きな問題に発展します。

細かい作業もあるため、集中力も重要です。


集中力に自信のない方は、以下を試してみてください(実際に私もやっている方法です)

集中力を維持するコツ

  • 25分集中したらリフレッシュを繰り返す(ポモドーロ・テクニック)
  • しっかり睡眠時間を確保
  • 最初にタスクの整理をする
  • 机の整理整頓を心掛ける
  • 糖質をコントロールする

私はこれで楽しく集中して仕事ができています。勉強にも活かせるテクニックなので是非試してみてください。

②素直でまじめな人

経理には「会計基準」「税法」「社内規約」など、数多くのルールが存在します。

そのルールに従い、淡々と業務ができる方は経理に向いています。

あいおん

ぼくの場合「個人的に思うところはあるけど、みんなそれに従ってるしまあいいか」くらいの気持ちで取り組んでるよ。

「こんなルールはおかしい!私は私のやりたいようにやる!」という方は、経理の仕事が窮屈に感じるでしょう。

経理はルールを守って仕事をこなす職種です。

③心配性な人

「これであってる?なんか間違ってる気がするな~このままで大丈夫かな?」

このくらい心配性な人は、経理として信頼されやすいです。

「これだけ心配してたら毎日が辛いじゃん」と思われがちですが、そんなことはありません。

逆にこういう人は、ミスをしない分、後々苦労するというリスクを回避しています。

また気を付けたうえでのミスは、怒られることも少ないため、精神的にも楽に立ち回れます。

④数字に強いor抵抗がない人

経理にとって、数字は仕事のツールそのものです。

日々作成する仕訳帳から、それをまとめる決算書まで全て数字で構成されています。

そのため、数字に苦手意識のない人が経理に向いているといえます。
(あくまで苦手意識がなければよく、得意であることが必須というわけではありません)

基本的な計算は、会計ソフトやExcel、電卓が解決してくれます。

特に数学的知識が要求されるわけではなく、数字に対するアレルギーがなければ問題ありません。

あいおん

元々ぼくは数字が嫌いだったけど、簿記を学んだら抵抗がなくなったよ

数字を毛嫌いするのではなく、一度触れてみることも大切です。

⑤勉強が好きな人(会計に興味がある)

経理では、常に新しい会計基準や税法改正をキャッチアップしていく必要があります。

そこで、好奇心、向上心を持って新しい情報を知ることが苦にならない方は経理向きです。

必ずしも勉強が好きである必要はありません。

会計などに少しでも楽しさを見いだせるのであれば十分です。

判断基準としては簿記がおすすめ。

簿記を勉強してみて「楽しい」と感じるようであれば、経理に就いても無理なく学べるでしょう。

⑥タスク管理が上手な人

経理には問い合わせや事務作業など、複数業務が発生する場合が意外とあります。

そこで活きるのがタスク管理能力

効率よく業務をこなせる人が重宝されます。

おすすめは、シングルタスクに優先順位をつけ高速で回すこと。

以下のタスクを優先してこなしていきましょう。

  • 重要度の高いタスク
  • 納期が近いタスク
  • すぐ処理できるタスク

仕事中「あっメール来た返さなきゃ」「仕事追加された~今からやるか~」と、コロコロ切り替えると脳のキャパシティをオーバーしやすいです。

メール返信タイム、雑務タイムなど、時間を決めてこなしていくことが大切ですよ。

⑦コミュニケーション能力がある人

黙々と作業することの多い経理部ですが、人と関わるシーンも多くあります。例えば

  • 経理チーム内での協力
  • 他部署との打ち合わせ
  • 企業外部者とのやり取り
あいおん

ぼくは、お世話になってる銀行員さんとはよくお話するよ

特に上層部に対する、経営の説明や提案を行うこともあるため、説明力も重視されます。

以下のような方は経理部でも活かせる可能性があります。

  • プレゼンが得意
  • 家庭教師をしていた
  • 塾講師をしていた
  • 教員免許を持っている

「経理になればコミュニケーションを取る必要がなくて楽だ~」という気持ちで取り組んでいると、後で苦労する羽目になるので注意しましょう。

⑧自分をほめることができる人

経理の仕事は、営業やマーケティングと違い、売上に直接結びつくわけではありません

もちろん経理が財務数値を作成し、経営層に提供することが次の売上獲得に繋がっています。

しかし、そのような視点で経理部を見てくれる人はごくわずか。

そのため、自分のちょっとした成果を褒めることができる人は、経理に向いているでしょう。

私の場合

  • 仕訳や書類のミスを発見した
  • 他の人が分かりやすい書式作成を心掛けた
  • Excelのマクロや関数を使い、作業の効率化に成功した
  • 任せられる仕事が増えてきた

こういった小さなことでも「よしっ」と思えるかどうかで、経理の居心地の良さが変わってくると思います。

経理が向いていない人の性格・特徴

経理が向いていない人の特徴

経理に向いていない人は、向いている人の逆です。

  • デスク作業が嫌い
  • 世の中のルールに納得できない
  • 大雑把で適当
  • 数字に抵抗がある
  • 勉強が嫌い(会計や法律に興味がない)
  • タスク管理が苦手
  • コミュニケーションが苦手
  • 自分に厳しい人

ちなみに一つでも当てはまった人は向いていないというわけではありません.。

あくまで「こういった点はリスクになりうる」と把握し、改善できる所は改善していくことで経理でも上手に立ち回ることができます。

これとは別にもう少し「経理が向いていない人の性格」をあげてみます。

  • 同じことを続けるのが苦手
  • 整理整頓が苦手
  • データ分析が苦手
  • 誰からも嫌われたくない

この辺が割り切れる人は、経理をやっていて辛い思いをすることも少ないでしょう。

経理に向いている方がすべきこと

経理が向いている人の特徴・性格8選」に当てはまった方にとって、経理は天国のような仕事でしょう。

ぜひ経理の道を目指してみてください。

目指す方向性としては2種類

  • 経理への転職を考える
  • 今いる会社で経理部への移動を考える

あなたに合った道を選んでみてください。

ちなみに資格やスキルを活かせれば、未経験での経理転職も可能です。

気になる方は以下の記事を参考にしてください。

あいおん

僕も未経験で経理転職に成功したよ

経理に向いていない方がすべきこと

私に経理は向いていないかも、、

無理して向いていない仕事に就いていても、辛いうえに成果も上がらない。まさに負のスパイラルです。

世の中の仕事は経理だけではないので、ぜひ他職種の転職を検討してみてください。

そうはいっても、私に何が合うのかな、、

そんな人には以下の2点がおすすめです。

  1. 自分の強みを把握する
  2. 転職エージェントに相談してみる

①自分の強みを把握する

今は無料診断ツールを使えば、簡単にあなたの強みを把握することもできます。

おすすめは、転職サービスの大手リクナビが提供する「グッドポイント診断」です。

  • 完全無料
  • 客観的に自分の強みを把握できる
  • 約30分ほどで診断完了

ぜひ自分の強みを見つけてみてください

あいおん

私もこれを利用し、自分の意外な一面を見つけることができました。

②転職エージェントに相談してみる

エージェントは転職のプロです。

今のあなたの悩みに対して具体的なアドバイスを受けることができます。

特化型ではなく、総合的な職種に対応しているエージェントを選びましょう。

おすすめは、大手の「」です。

  • 無料で利用可能
  • 大手だからこその安心感
  • 強みを引き出してくれる
  • 親切に相談に乗ってくれる

お金もかからないので、是非相談してみてください

あいおん

個人的にはdodaがいちばん親身に相談に乗ってくれたよ

\ dodaに登録して無料相談を受けてみる /

経理は向き不向きがはっきりと別れる職業です。

繰り返しますが

経理に向いている人→天国
経理に向いていない人→地獄

ほんとにこのくらい差が出る職種です。

経理はまさに「縁の下の力持ち」。決して目立つポジションではありません。

立ち位置的に、のんびりひっそりと暮らしたい方には、おすすめできる職業です。

気になった方は是非エージェントなどを通して、「求人探し」「転職相談」をしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

経理が向いている、向いていない人の特徴

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次