次は「経理屋さん」で検索してね

経理って何?どんな仕事?経理部員が初心者に向けて分かりやすく解説!

初心者でもわかる経理とは? アイキャッチ
  • URLをコピーしました!

経理って何?どんな仕事?
転職も視野に入れてるから知っておきたい!

経理について知りたいのに「どの記事見ても漢字や専門用語ばかりで意味が分からない!」となった経験はありませんか?

そんな方でも抵抗なく読めるよう、専門用語をなるべく控えた記事を作成しました。

あまり深掘りすると難しいと思うので、あくまで表面的な内容をみなさんにお伝えしていきます。

この記事を読み終わるころには、経理についてのモヤモヤが晴れ、全体像がイメージできるようになっていますよ。

タップできる目次

経理の仕事内容

経理の業務サイクル

経理とは「経営管理」の略で、会社のお金を管理することを指します。

もう少し詳しく言うと、

  • お金の動きの記録をつける
  • 税金の計算をする
  • 社外に経営成績を報告する書類を作る(決算書)

などを行っている仕事です。

基本的に、事務作業がメインのお仕事です。

基本的にルーティンワークが多く「1日」「1ヶ月」「1年」と、一定のサイクルに沿って仕事をしていきます。

  1. 日次業務(毎日する仕事)
  2. 月次業務(月1でする仕事)
  3. 年次業務(年1でする仕事)

日次業務(毎日する仕事)

経理では基本毎日、会社で発生する取引を記録しています。

例えば

  • 備品の買った
  • 商品の売った
  • 給与を支払った
  • 現金を引き出した

このようなお金の動きを、正確にソフトに記録していきます。

あいおん

記録だけじゃなく、取引自体を行う場合もあるよ

月次業務(月1でする仕事)

月に一度する仕事で、主に月末に行う事が多いです。

例えば

  • 会社の一か月の動きをまとめる
  • 日々の入力にミスがないかチェック
  • 前月との売上を比較
  • ムダにお金を使っていないか確認
  • 給与や社会保険料の計算

のような業務がメインです。

このように1ヶ月を区切りとし、集計や分析を行っていきます。

年次業務(年1でする仕事)

年に一度する仕事で、経理では一番忙しい時期になります。

基本的に、社外に報告するための経営成績(決算書)を作成しています。

仕事内容としては

  • 報告書の作成
  • 会社の経営成績の把握
  • 商品の棚卸
  • 税務署へ申告(税務申告)

などがあげられます。

毎月作成していた経営資料(試算表)の12か月分を、様々な様式にまとめた業務がメインとなります。

あいおん

ここが経理の繁忙期!

経理の給与・年収

次は、経理の年収について見ていきましょう。

まずは以下の表をご覧ください。

全国の平均年収403万円
経理の平均年収470万円

厚生労働省求人ボックスの統計平均から換算

ご覧の通り、経理の平均年収は470万円と、全国平均を大きく上回っていることが分かります。


あれ?経理の年収って低いイメージあったんだけど、、

経理の年収が低いと思われるのには

  • 未経験の転職者がいる
  • 能力に見合った給料を貰えていない人がいる
  • 最初は低く、徐々に上がっていく

といった要因があります。

年収300〜500万・若手
・行動しない人
年収800〜1200万・ベテラン
・転職を繰り返してる人

このように、年収に大きな差があるのも経理の特徴です。

しっかり年収を上げる方法もあるので、気になる方は以下の記事をご覧ください。

参考記事:経理の年収は低い?年収を上げるための5つの方法

経理で働くメリット

経理メリット

経理で働くメリットは以下7点。

  1. ワークライフバランスが取りやすい
  2. 転職しやすい
  3. 会計知識が身につく
  4. 会社全体を数字で把握できる
  5. 会社に絶対必要とされる
  6. 知識レベルを証明する資格がある
  7. 自己成長すれば残業も減らせる

このように専門レベルを身につければ、安定して働いていけるのが経理の良さでもあります。

参考記事:経理のメリット、デメリットを解説

あいおん

ボクからすると経理は天国のような仕事だよ

経理で働くデメリット

経理 デメリット

経理で働くデメリットは以下7点

  1. 繁忙期がめちゃくちゃ忙しい
  2. 経理の仕事は評価されにくい
  3. 専門知識を覚えるのが大変
  4. 小さなミスでもつつかれる
  5. 他部署から嫌がられる
  6. 合わない人はとことん合わない
  7. AI技術により将来性がない

このように中々評価されず、会社によっては忙しいというのが経理の悪いところでもあります。

参考記事:経理のメリット、デメリットを解説
参考記事:経理をやめたい人が取るべき対処法3つ

あいおん

「経理もう嫌だ!」って人も時々見るよ

経理で身に付くスキル

経理で見につくスキル4つ

経理実務をこなしていくと、自然とスキルが身に付きます。

身につくスキルは以下4つ。

  1. スケジューリング能力
  2. 資料作成スキル
  3. 説明力
  4. ミスを減らす能力

①スケジューリング能力

経理はある程度、仕事内容が決まっています。

なので、全体の見通しを立てながら業務を進めていくことが多いです。

そこで多くの人は、自然とスケジュールを組むようになります。

このスキルは、他の仕事や日常生活でも役立つので、人生の生産性アップに繋がります。

資料作成スキル

経理は入力業務だけでなく、一から資料を作成する場面もあります。

例えば

  • 他部署への説明資料
  • チェックリスト
  • 分析資料

のように、必要に応じて作成する場合が多く、自然とスキルも身についてきます。

このスキルは、経理以外の事務職でも重宝されます。

③説明力

経理では説明する機会が多くあります。

例えば

  • プレゼンテーション
  • 他部署への質問、提案
  • 経営状況の報告

このような場面では、なるべく短く正確に説明する力が求められます。

「結論ファースト」「具体例や数字を用いる」など、工夫することで説明力の向上につながります。

仕事はもちろん、日常会話にも役立てることが可能です。

④ミスを減らす能力

経理は小さなミスが、大きな問題へ発展する場合もあるため、なるべくミスを減らす必要があります。

そのためには、多くの人は

  • 整理整頓
  • 入念なチェック
  • マニュアルやルールの作成

などを意識した上で、仕事を進めています。

これらは「対策が大変」と思われがちですが、ミスを修正する方が大変であることを経理経験者はよく知っています。

だからこそ、あらかじめミスを発生させない工夫をしているのです。

あいおん

実務経験を積んでいく中で身につくスキルは、将来のキャリアアップはもちろん、日常生活にも役立つところがポイントだね。

経理の仕事が向いている人の特徴

経理は向き不向きがはっきり分かれる職種です。

  • 経理に向いている人→天国
  • 経理に向いていない人→地獄

極端ですがこのくらい違います。


経理に向いている人の特徴は以下8つ。

  1. デスク作業に集中できる人
  2. 素直でまじめな人
  3. 心配性な人
  4. 数字に強いor抵抗がない人
  5. 勉強が好きな人(会計に興味がある)
  6. タスク管理が上手な人
  7. コミュニケーション能力がある人
  8. 自分をほめることができる人

ちなみに「これら全てが当てはまっていないと経理に向いてない。」というわけではないので安心してください。

参考記事:経理に向いている人、向いていない人の特徴

経理の仕事が向いていない人の特徴

逆に経理に向いていない人は、経理に向いている人の逆です。

  1. デスク作業が嫌い
  2. 世の中のルールに納得できない
  3. 大雑把で適当
  4. 数字に抵抗がある
  5. 勉強が嫌い(会計や法律に興味がない)
  6. タスク管理が苦手
  7. コミュニケーションが苦手
  8. 自分に厳しい人

別のポイントをあげるとすると以下の4点。

  1. 同じことを続けるのが苦手
  2. 整理整頓が苦手
  3. データ分析が苦手
  4. 誰からも嫌われたくない

このあたりが割り切れない人は、経理で生きていくには厳しいかもしれません。

とはいえ最初から適性が必要というわけではなく、仕事をしていくうえで改善できる点はたくさんあります。

向いてる部分は最大限生かし、向いてない部分は改善していくことで、経理でも上手に立ち回れます。

参考記事:経理に向いている人、向いていない人の特徴

経理に将来性はある?

経理で将来なくなる仕事なくならない仕事

AI技術の発展で、経理の仕事はなくなるんじゃない?

結論:経理の仕事はなくなりません。

ただし、経理の仕事の一部が減っていくのは事実です。

なくなる可能性の高い仕事の例を挙げると以下の3つ。

  • 定型の入力業務
  • 単純なチェック業務
  • 経営分析

基本的に単純業務が減っていくイメージです。


では逆に、なくなる可能性の低い仕事がどんなものがあるのか。

例として以下4点があげられます。

  • 非定型な業務
  • AIやシステムの導入、動作チェック
  • 税務関係の知識
  • 経営の判断や提案

このように「AIを導入したからこそ発生する業務」や「経営に関する判断」は、人が行う仕事なので無くなる可能性は限りなく低いです。。

あいおん

経理で働いていると「面倒な仕事が自動化できるおかげで他に集中できる」とポジティブに捉える人も多いよ


ただ、一生単純作業しかしない平社員のままでは仕事がなくなる可能性もあるので注意が必要。

今のうちに実務経験を積み、知識を身に着けておくことが大切です。

この記事を読んでくれてる今なら、経験や知識を身に付けるにはおそくないですよ。

不安な方は、対策もあわせて解説している以下の記事を参考にしてください。

参考記事:AIで経理はなくなる?将来性と生き残る方法を解説

まとめ

経理は会社のお金の流れを把握し管理するという非常に重要な役割を持っています。

経理なしでは仕事は回りません。

近年では転職市場とも言われており、求人も徐々に増えてきています。

専門性を身に着ければ、年収アップも狙うことができ、将来も困ることなく働き続けられる職業です。

基本的に向き不向きのはっきり分かれる職業ですが「楽しそう」「向いてそう」と思った方は、経理という職も視野に入れてみてください。

あいおん

実際ボクは天国のような職場で働けているよ

年収や将来性について心配される声もありますが、蓋をあけてみるとそうでもありません。

それぞれの特徴を理解したうえで、今後の道を選択していくことが大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考記事:未経験の経理転職に必要な5ステップ

初心者でもわかる経理とは? アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次